新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1962年型ワーゲンバスを現代風に——最新技術を搭載したEVマイクロバス「Type 20」

Volkswagenは、同社のシリコンバレーの研究施設を拡張し、同地における20年以上の研究活動を記念して電動マクロバスのコンセプトカー「Type 20」を公開した。

Type 20は、北米で「Volkswagen Type 2」と呼ばれ、日本では「ワーゲンバス」の名で知られている同社の1962年型T1マイクロバスをベースに作り上げた電気自動車だ。

Type 20は、60年代の外観をそのままに、パワートレインには完全なBEV(電池駆動車用)ドライブトレインを採用し、10kWhのバッテリー、2500Wの充電器、120hpのモーター、それにポルシェが設計したアクティブ油圧サスペンションを搭載している。

加えてその車内は、様々な実験的技術に溢れている。運転手側の窓に組み込まれた広角カメラを使ったリアルタイム顔認証システムによる生体認証乗車、前方外側、運転席、後方乗客席の3か所にマイクを配置した会話型デジタルアシスタント、3Dメガネの必要のないホログラフによる情報サービスなどを搭載している。

Type 20は、拡張された同社の研究施設「イノベーションエンジニアリング・カリフォルニアセンター(IECC)」に展示される。IECCの上級副社長Nikolai Reimer氏は、「Type 20は、当社がどのようにして当社の遺産を生かしながら、技術を進歩させようとしているかを示す素晴らしい例だ」と述べている。

尚、VolkswagenはType2のレトロイメージを継承する市販モデル「I.D. BUZZ CARGO」を開発中で、2022年にヨーロッパ市場へ投入される見込みだ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. コンセントに挿すだけで使える——アイ・オー・データ、電源一体型Raspberry Pi「Pi-Plug」発売
  2. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  3. 可愛いアクセサリーを作ろう——電子基板を使ったアクセサリー工作キット「マイリトルエンジニア」
  4. Raspberry Piをタブレットで使おう——ワンボードマイコンとタブレットをセットできる「Tablet Frame Kit」
  5. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  6. 場所を選ばずプログラミングできる——学校用プログラミング教材「IchigoDyhook」予約受付開始
  7. MS Excelで機械学習を学ぶ——インプレス、機械学習の入門書「直感でわかる!Excelで機械学習」発刊
  8. 米ライス大、防弾構造を持つプラスチックを3Dプリントで作製
  9. 自作プロジェクトに活用できる——オープンソースのDIYタブレット「Ntablet」
  10. 液滴を微細化して正確にコントロールする技術——より高精細な3Dプリンティングが可能に

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る