新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自分だけのオリジナルロボットを作成——ユカイ工学、「小学生ロボコン」予選向け「ユカイな生きものロボットキット」を開発

ユカイ工学は「小学生ロボコン」に向け、小学生でもロボット作りができる「ユカイな生きものロボットキット」を開発した。

ロボットキットセット内容

同製品は、「ユニークな生きものが作れる」ロボットキットで、発想と創造力で自分だけのオリジナルロボットを作成できる。NHKエンタープライズが2020年3月に開催を予定している「小学生ロボコン」への予選応募も可能だ。

ケーブルなどをまとめる道具として活用されている結束バンドを応用して、ロボットの腕や足を作成する方式を採用。移動するロボットでは基本となるタイヤをあえて使わず、モーターにバンドを巻きつけて組み立てていく。 結束バンドの柔らかさを活かした、跳ねるような動きのロボットを発明できるのが特徴だ。

完成イメージ

回路はモーターと電池とスイッチのみで構成され、小学校で勉強する理科の知識の範囲で製作できる。自分で配線したスイッチを操作し、思い通りに動かして自分だけの生きものロボットを探検させられる。

出発点は同じ材料セットだが、体験する子供によって完成するロボットは全く別のものになるため、創意工夫の余地があるのも特徴だ。発想を膨らませて、ロボットづくりの世界を体験できる。

また、科学技術館にて開催される「ロボコン体験ミュージアム シーズン3」で、このロボットキットを使ったワークショップに参加できる。期間は2019年7月20日~8月6日、時間は午前の部(10:00~12:45)と午後の部(13:45~16:30)の二部構成だ。参加方法は事前予約制でイベント公式サイトにて受け付ける。

なお、同ロボットキットの正式発売は2019年秋頃を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る