新しいものづくりがわかるメディア

RSS


micro:bitを搭載——タミヤ、「マイコンロボット工作セット(クローラータイプ)」を発売

タミヤは「マイコンロボット工作セット(クローラータイプ)」を発売した。

この工作セットは、教育用マイコンボード「micro:bit」に超音波センサーとモーター駆動回路を搭載しており、クローラー走行のロボットが作製できる。

超音波センサーが障害物を感知すると、その情報をmicro:bitが受け取り、インストールされた基本走行用プログラムを元に、ダブルギヤボックス内の2つのモーターをコントロール、障害物を避けて自動走行する。

クローラーに接触するクランク型のスプロケットにより、左右のアームが上下に動くギミックを搭載。本体上部にはライトグレイのクリアーパーツを採用し、micro:bitのLEDが視認できる。必要な部品は全てセットされており、手軽に組み立てられるのもポイントだ。

micro:bitには、走行プログラムがプリインストールされているが、「MakeCode」などを利用してプログラムを書き換え、ロボットの動きを変更できるのも特徴だ。

MakeCodeは、ビジュアルプログラミングに対応しており「くり返し」「出力する」「3秒待つ」など、動作アイコンを並べることでプログラムが完成する。必要なプログラムなどは同社Webサイトからダウンロードできる。 また、コントローラー用として別売のmicro:bitを用意すれば、ロボットの無線操縦も可能だ。

完成時の寸法は約136×128×116mmで、低回転型130モーター2個が付属する。接着剤を使わずに、ネジ止めとはめ込みだけで手軽に組み立て可能だ。本体価格は1万584円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どちらの結び方が強いのか?——MIT、結び目の安定性を予測する数学モデルを作成
  2. 1950年代のフライス盤をCNC化する「Arno goes CNC」プロジェクト
  3. TechShopが日本に遺したもの、ポスト・メイカームーブメント時代のメイカースペースのあり方
  4. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  5. 中国武術 vs. 3Dプリント4番勝負!——その素材は鉄の武器に耐えられるか
  6. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  7. サッカークラブのリバプールFC、試合分析にデータサイエンスを活用——効果は絶大でプレミアリーグ首位を独走中
  8. 翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書」を刊行
  9. 特許をサブスクで取得可能——テクノアイデア、「ライセンスバンク」を提供開始
  10. Raspberry Pi4 model BでTensorflow.jsやPythonの基礎を学習——「はじめてのAIプログラム学習キット4」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る