新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ファームもアプリも全て公開——BLE制御の学習ができるBluetooth LE評価ボード「ST-BLEEVAL01」

ストリームテクノロジは、Bluetooth LE評価ボード「ST-BLEEVAL01」を発売した。

photo

ST-BLEEVAL01は、BM70 Bluetooth LEモジュール、PICマイコンdsPIC33E、リチウムポリマー充電池、充電回路(USB micro端子)、ユーザアプリケーション利用可能なLED、3.3Vアナログ入力端子、PIC用書き込みポートを搭載し、基板サイズは40×35mmだ。

photo

回路図、ファームウェア、アプリのソースが全て公開され、サンプルアプリケーションでBLEの制御の学習ができる。

アナログ端子で抵抗計測ができるアプリケーションが出荷時に書き込まれており、サンプルアプリケーションを再設定するための方法も解説されている。

ST-BLEEVAL01評価キットのサンプルアプリケーションをBluetooth LEで接続するiOSデバイス やAndroid向けのインターフェースを使うと、 ADコンバータの電圧値、分圧機能による抵抗値、温度計の値を計測したり、電圧値や抵抗値のグラフの表示やCSVファイルへの保存ができる。

Amazonにて販売中で、iOSデバイスとAndroid向けアプリは、App StoreやGoogle Playでダウンロードできる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  2. Arduinoで電子工作しよう——DIY電子工作キット「ThinkCrate」
  3. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  4. 好きなキャラクターと一緒に暮らせる——3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」量産モデル発売日決定
  5. ほとんど水、カロリー4分の1の「バター」を開発——人工安定剤不要、タンパク質やビタミンの追加も可能
  6. Raspberry Pi 3A+対応の無停電電源ボード「Pi16340 Smart UPS HAT」
  7. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  8. 武藤工業、産業向けDLP光造形方式3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」発売
  9. レンズの球面収差をゼロに——収差を補正できる設計解を求める手法を発見
  10. 脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る