新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オライリー・ジャパン、「メイカーとスタートアップのための量産入門——200万円、1500個からはじめる少量生産のすべて」発刊

オライリー・ジャパンは、「メイカーとスタートアップのための量産入門——200万円、1500個からはじめる少量生産のすべて」を2019年8月9日に発売する。

本書では、趣味の「ものづくり」からステップアップして、「商品」として売りたいと思っているmakerやハードウェアスタートアップに向け、大きなコストをかけずに少量生産を行うためのノウハウを解説している。

学研の「科学」「学習」「大人の科学」のふろくの企画開発に40年間関わってきた著者が、その経験をもとに、プロトタイプを量産化までこぎつけ、ビジネスとして成立させるためのノウハウを紹介している。

工場での量産というと多額の資金が必要で、大きな企業しかできないと思われがちだが、本書では個人レベルでも可能な少量生産の極意を教えている。商品企画、プロトタイプから、原価計算、企画書の書き方、安全設計、金型知識、知的財産や法律知識、海外工場との交渉術まで、さまざまなノウハウが詰まっている。

特筆すべきポイントは、著者みずからが製品を企画、中国への生産委託を含めた商品化プロセスで発生する原価を、実際に発生する数字として公開していることだ。具体的に「ツインドリル ジェットモグラ号」の商品化を通して、車1台分の費用で量産が可能であることを証明することで、本の内容に説得力を出している。

なお、ツインドリル ジェットモグラ号は、本書の販売に先駆けて、Maker Faire Tokyo 2019の会場で先行販売する予定だ。

著者は小美濃 芳喜氏。240ページで、定価は2484円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る