新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オライリー・ジャパン、「メイカーとスタートアップのための量産入門——200万円、1500個からはじめる少量生産のすべて」発刊

オライリー・ジャパンは、「メイカーとスタートアップのための量産入門——200万円、1500個からはじめる少量生産のすべて」を2019年8月9日に発売する。

本書では、趣味の「ものづくり」からステップアップして、「商品」として売りたいと思っているmakerやハードウェアスタートアップに向け、大きなコストをかけずに少量生産を行うためのノウハウを解説している。

学研の「科学」「学習」「大人の科学」のふろくの企画開発に40年間関わってきた著者が、その経験をもとに、プロトタイプを量産化までこぎつけ、ビジネスとして成立させるためのノウハウを紹介している。

工場での量産というと多額の資金が必要で、大きな企業しかできないと思われがちだが、本書では個人レベルでも可能な少量生産の極意を教えている。商品企画、プロトタイプから、原価計算、企画書の書き方、安全設計、金型知識、知的財産や法律知識、海外工場との交渉術まで、さまざまなノウハウが詰まっている。

特筆すべきポイントは、著者みずからが製品を企画、中国への生産委託を含めた商品化プロセスで発生する原価を、実際に発生する数字として公開していることだ。具体的に「ツインドリル ジェットモグラ号」の商品化を通して、車1台分の費用で量産が可能であることを証明することで、本の内容に説得力を出している。

なお、ツインドリル ジェットモグラ号は、本書の販売に先駆けて、Maker Faire Tokyo 2019の会場で先行販売する予定だ。

著者は小美濃 芳喜氏。240ページで、定価は2484円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る