新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、STM32マイコン向けデバッグプローブ「STLINK-V3MINI」発表

STマイクロエレクトロニクスは、STM32マイコン向けデバッグプローブ「STLINK-V3MINI」を発表した。

STLINK-V3MINIは、USBマスストレージクラス、各種ペリフェラルに対応したVirtual COM Port(VCP)や、マルチパスブリッジを備えたデバッガ「STLINK-V3SET」の機能を、スタンドアロン型のフォームファクタに収めたデバッグプローブだ。STM32マイクロコントローラー向けアプリケーションのアップロードとデバッグを、どこででも行うことができる。

同社のSTDC14デバッグケーブル(14ピン)を使用して、ホストPC上で動作時のデータを簡単にモニターできるVCPに対応している。また、3Dプリンター用リファレンスファイルが付属しており、独自のプローブケースを作製することも可能だ。

USBマスストレージクラスにも対応しているので、ドラッグ・アンド・ドロップによるプローブからのファイルの直接アップロードも可能で、インターフェースはJTAG、シリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)、シングル・ワイヤ・インタフェース・モジュール(SWIM)通信もサポートしている。

STM32CubeProgrammerと連携し、Keil MDK-ARM、IAR EWARMなどの市販の一般的な統合開発環境(IDE)や、同社の無償IDE STM32CubeIDEを含むGCCベースのIDEに対応している。STLINK-V3MINIの下位のAPIにも自由にアクセスできるため、独自のテストプラットフォームへの統合も可能だ。

価格は、9.75ドルで、同社Webサイトなどから入手可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. 自分の自転車を電動化できる——イギリス発「Universal eBike Conversion Kit」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  5. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  6. CQ出版が「ラズパイ/PCで体験!計測のためのカメラ画像処理」を刊行
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 掃除機より静かな飛行機——AirbusがeVTOL「CityAirbus NextGen」を公開
  9. ラズパイでナンプレを解く——Pi Zero Wで3Dプリンターを「Sudoku solving robot」に改造
  10. 電気不要で冷却——太陽光と水で作動する再生可能な冷却システムを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る