新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、STM32マイコン向けデバッグプローブ「STLINK-V3MINI」発表

STマイクロエレクトロニクスは、STM32マイコン向けデバッグプローブ「STLINK-V3MINI」を発表した。

STLINK-V3MINIは、USBマスストレージクラス、各種ペリフェラルに対応したVirtual COM Port(VCP)や、マルチパスブリッジを備えたデバッガ「STLINK-V3SET」の機能を、スタンドアロン型のフォームファクタに収めたデバッグプローブだ。STM32マイクロコントローラー向けアプリケーションのアップロードとデバッグを、どこででも行うことができる。

同社のSTDC14デバッグケーブル(14ピン)を使用して、ホストPC上で動作時のデータを簡単にモニターできるVCPに対応している。また、3Dプリンター用リファレンスファイルが付属しており、独自のプローブケースを作製することも可能だ。

USBマスストレージクラスにも対応しているので、ドラッグ・アンド・ドロップによるプローブからのファイルの直接アップロードも可能で、インターフェースはJTAG、シリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)、シングル・ワイヤ・インタフェース・モジュール(SWIM)通信もサポートしている。

STM32CubeProgrammerと連携し、Keil MDK-ARM、IAR EWARMなどの市販の一般的な統合開発環境(IDE)や、同社の無償IDE STM32CubeIDEを含むGCCベースのIDEに対応している。STLINK-V3MINIの下位のAPIにも自由にアクセスできるため、独自のテストプラットフォームへの統合も可能だ。

価格は、9.75ドルで、同社Webサイトなどから入手可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る