新しいものづくりがわかるメディア

RSS


顔認証機能搭載AIアシスタント「PLEN Cube」、予約受付開始

プレンロボティクスは、顔認証機能などを搭載したキューブ型AIアシスタント「PLEN Cube」のビジネス版およびデベロッパー版の予約受け付けを、2019年7月31日に開始することを発表した。

photo

PLEN Cubeは、顔認識や音声認識、カメラ、スピーカー、マイクを搭載した1辺7.4cmのキューブ型ロボットだ。顔認証によるフェイストラッキング機能などを活用し他システムと連携することで、店舗などでのキャッシュレス決済や自動チェックインなどが可能になる。接客サービスの自動化や効率化を実現させるAIサービスのインターフェースになることを目指している。

今回予約を受け付けるのは、PLEN Cubeを外部のWebサービスと連携させたり、カスタマイズしたりすることができるソフトウェアデベロップメントキット(SDK)を組み込んだ「デベロッパー版」と、デベロッパー版から液晶ディスプレイやモバイルバッテリーを除いた、店舗や施設での利用向けの「ビジネス版」の2種類だ。

価格はデベロッパー版が9万8500円、SDKが5万円から。ビジネス版が8万1000円(いずれも税別)で月額クラウドサービス使用料が800円からとなっている。予約はPLEN CUBE予約販売サイトで受け付けている。

2019年7月31日に都内で開催されたプレス発表会でのデモの様子。カフェでの決済、顔認証による入退室管理、医療機関でのナビゲーションのデモを披露した

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る