新しいものづくりがわかるメディア

RSS


顔認証機能搭載AIアシスタント「PLEN Cube」、予約受付開始

プレンロボティクスは、顔認証機能などを搭載したキューブ型AIアシスタント「PLEN Cube」のビジネス版およびデベロッパー版の予約受け付けを、2019年7月31日に開始することを発表した。

photo

PLEN Cubeは、顔認識や音声認識、カメラ、スピーカー、マイクを搭載した1辺7.4cmのキューブ型ロボットだ。顔認証によるフェイストラッキング機能などを活用し他システムと連携することで、店舗などでのキャッシュレス決済や自動チェックインなどが可能になる。接客サービスの自動化や効率化を実現させるAIサービスのインターフェースになることを目指している。

今回予約を受け付けるのは、PLEN Cubeを外部のWebサービスと連携させたり、カスタマイズしたりすることができるソフトウェアデベロップメントキット(SDK)を組み込んだ「デベロッパー版」と、デベロッパー版から液晶ディスプレイやモバイルバッテリーを除いた、店舗や施設での利用向けの「ビジネス版」の2種類だ。

価格はデベロッパー版が9万8500円、SDKが5万円から。ビジネス版が8万1000円(いずれも税別)で月額クラウドサービス使用料が800円からとなっている。予約はPLEN CUBE予約販売サイトで受け付けている。

2019年7月31日に都内で開催されたプレス発表会でのデモの様子。カフェでの決済、顔認証による入退室管理、医療機関でのナビゲーションのデモを披露した

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る