新しいものづくりがわかるメディア

RSS


顔認証機能搭載AIアシスタント「PLEN Cube」、予約受付開始

プレンロボティクスは、顔認証機能などを搭載したキューブ型AIアシスタント「PLEN Cube」のビジネス版およびデベロッパー版の予約受け付けを、2019年7月31日に開始することを発表した。

photo

PLEN Cubeは、顔認識や音声認識、カメラ、スピーカー、マイクを搭載した1辺7.4cmのキューブ型ロボットだ。顔認証によるフェイストラッキング機能などを活用し他システムと連携することで、店舗などでのキャッシュレス決済や自動チェックインなどが可能になる。接客サービスの自動化や効率化を実現させるAIサービスのインターフェースになることを目指している。

今回予約を受け付けるのは、PLEN Cubeを外部のWebサービスと連携させたり、カスタマイズしたりすることができるソフトウェアデベロップメントキット(SDK)を組み込んだ「デベロッパー版」と、デベロッパー版から液晶ディスプレイやモバイルバッテリーを除いた、店舗や施設での利用向けの「ビジネス版」の2種類だ。

価格はデベロッパー版が9万8500円、SDKが5万円から。ビジネス版が8万1000円(いずれも税別)で月額クラウドサービス使用料が800円からとなっている。予約はPLEN CUBE予約販売サイトで受け付けている。

2019年7月31日に都内で開催されたプレス発表会でのデモの様子。カフェでの決済、顔認証による入退室管理、医療機関でのナビゲーションのデモを披露した

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る