新しいものづくりがわかるメディア

RSS


セイコーエプソンとエレファンテックが資本業務提携、インクジェットヘッド供給などでパートナーシップ契約締結

セイコーエプソンはエレファンテックに出資し、インクジェットヘッド供給などでパートナーシップ契約を締結する。

エレファンテックは、インクジェット印刷と銅めっきを用いて製造されたフレキシブル基板など、プリンテッドエレクトロニクス製造技術を開発する東京大学発のスタートアップ企業だ。

セイコーエプソンは、同社の中期経営計画における基本方針の1つとして、「資産の最大活用と協業・オープンイノベーションによる成長加速」を掲げており、特に同社のインクジェットヘッド技術「PrecisionCore」を中心としたコアデバイスを用いたインクジェットヘッド外販ビジネスと、オープンイノベーションの強化を目指している。今回のエレファンテックとの提携はその具体的な施策の1つとなる。エレクトロニクスなどのインクジェット印刷市場で先行し、インクジェットヘッドの産業利用を加速させることが目的だ。

またエレファンテックは、セイコーエプソンの出資を受け入れることで、インクジェットによるフレキシブル基板製造事業の拡大、立体樹脂上への配線形成やバイオ材料の印刷など、応用範囲を拡大する開発、市場開拓を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. CAMPFIREに登場、国産3Dプリンター「Leee」の造形物の長さは「理論上は無限」
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  7. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  8. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  9. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る