新しいものづくりがわかるメディア

RSS


画像認識ソフトの比較、体験に——「はじめての顔認識・物体認識用AI開発キット」

スペクトラム・テクノロジーは、さまざまな画像認識用ソフトウェアを比較、体験しながら顔認識や物体認識アプリケーションの開発ができる「はじめての顔認識・物体認識用AI開発キット」を発売した。

photo

同キットは、クラウド環境でのAzureやGCP、AWS、また、ローカルで利用するTensorflowやYoloなどの多数を画像認識用のソフトウェアを搭載しており、各ソフトウェアを体験したり、比較したりすることができる。

photo

初心者向けにインストール不要のCPU版と、自らGPUを用意してソフトウェアをインストールし、本格的な画像認識を目指すユーザー向けのグラフィック版がある。

photo

写真やビデオ、リアルタイムカメラに対応した顔認識、物体認識が可能で、顔認識では、性別や年齢、感情検出、指定人物検出、動線検出などに対応。物体認識では、文字認識や不適切画像検出、ロゴ/ランドマーク検出、さらにTensorflowによるペット検出やYoloによる物体検出(80分類)などに対応する。

photo

画像認識の初心者や具体的に画像認識の利用を考えているユーザー、AI学習の教材など幅広い用途を想定している。利用にはLinuxやPythonの基礎知識が必要だ。

USBメモリー形式での提供となり、価格はCPU版、グラフィック版とも3万円(いずれも税別)。GPUやWebカメラなどもオプションで提供する。また、14日間の無料サポートが付属する。

photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る