新しいものづくりがわかるメディア

RSS


画像認識ソフトの比較、体験に——「はじめての顔認識・物体認識用AI開発キット」

スペクトラム・テクノロジーは、さまざまな画像認識用ソフトウェアを比較、体験しながら顔認識や物体認識アプリケーションの開発ができる「はじめての顔認識・物体認識用AI開発キット」を発売した。

photo

同キットは、クラウド環境でのAzureやGCP、AWS、また、ローカルで利用するTensorflowやYoloなどの多数を画像認識用のソフトウェアを搭載しており、各ソフトウェアを体験したり、比較したりすることができる。

photo

初心者向けにインストール不要のCPU版と、自らGPUを用意してソフトウェアをインストールし、本格的な画像認識を目指すユーザー向けのグラフィック版がある。

photo

写真やビデオ、リアルタイムカメラに対応した顔認識、物体認識が可能で、顔認識では、性別や年齢、感情検出、指定人物検出、動線検出などに対応。物体認識では、文字認識や不適切画像検出、ロゴ/ランドマーク検出、さらにTensorflowによるペット検出やYoloによる物体検出(80分類)などに対応する。

photo

画像認識の初心者や具体的に画像認識の利用を考えているユーザー、AI学習の教材など幅広い用途を想定している。利用にはLinuxやPythonの基礎知識が必要だ。

USBメモリー形式での提供となり、価格はCPU版、グラフィック版とも3万円(いずれも税別)。GPUやWebカメラなどもオプションで提供する。また、14日間の無料サポートが付属する。

photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  2. ツーリングをより安全・快適に——バイク用スマートヘルメット「TALI」#CES2020
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. はんだ付けをアートに——「はんだ付けアートコンテスト2019」の入賞作品を発表
  5. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  6. ビット・トレード・ワン、「奇天烈電子工作シリーズ」4種を発売
  7. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  8. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  9. 赤外線カメラから身を隠す——通常の熱放射現象を覆すコーティング材料を開発
  10. 店舗内の顧客数を自動集計できる1万円以下のAIカメラ「ManaCam」#CES2020

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る