新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ニキシー管でスペアナを作る——IN-9を使ったオーディオスペクトラムアナライザーキット「IN-9 Nixielyzer」

オーディオスペクトラムアナライザー「IN-9 Nixielyzer」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

IN-9 Nixielyzerは、バーグラフ型ニキシー管「IN-9」を採用したアナログオーディオスペクトラムアナライザー。6本のニキシー管が63Hz、150Hz、330Hz、1kHz、3.3kHz、10kHzの周波数レンジに対応し、オレンジ色の光で信号レベルをリアルタイム表示する。

photo

RCAステレオ入出力端子と1/8インチTRSジャックをそれぞれ2つ備え、MP3プレーヤー、モバイルフォン、ヘッドフォンと接続できる。内蔵マイクを利用すれば、スタンドアロンのデバイスとして使うこともできる。

photo

大きさは135×95×160mm(ニキシー管含む)。IN-9は旧ソビエト連邦製のヴィンテージ管で、未使用の新品を搭載する。組み立てキットと完成品の2種類を用意。マニュアルをダウンロードし、はんだ付けをしながら4時間ほどで組み立てられるという。

電源は12/15Vで、消費電力は通常使用で約4VA。入力インピーダンスは22kΩ。表示のダイナミックレンジを広げるために改良されたdbxコンパンダー回路を内蔵しているという。

photo

価格はニキシー管付き組み立てキットが179ユーロ(約2万1600円)、完成品が229ユーロ(約2万7700円)。出荷はキットが2019年10月、完成品は2019年11月の予定で、日本への送料は10ユーロ(約1300円)だ。

IN-9 Nixielyzerは、2019年8月25日までクラウドファンディングを実施中。8月7日時点で、約3500ユーロ(約42万円)を集め、目標額を達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. マイコンによる電子工作を基礎から解説——工学社、「Mbedを使った電子工作プログラミング」発刊
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. 2.4インチLCD搭載し、ArduinoとMicroPythonコンパチ——小型IoTモジュール向け開発ボード「Wio Terminal」国内販売開始
  4. 巣ごもり期間のAI学習に——XSHELL、Raspberry Pi 4とカメラがセットになったオンライン教材「ツクレルマイPC」発売
  5. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  6. IoT初心者向けのプログラミング解説書——シーアンドアール研究所、「M5Stack&M5StickCではじめるIoT入門」発刊
  7. 光を使った「水中IoT」——エネルギーとデータを同時に水中伝送するシステムの研究
  8. テレワークで大活躍! キットできっと作れるZoom専用キーボード
  9. 個人の趣味の工作室から業務用まで——卓上型CO2レーザー加工機「RSD-SUNMAX-LT1390」発売
  10. スワニー、作業用フェイスシールドの3Dプリント用データを無料公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る