新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ニキシー管でスペアナを作る——IN-9を使ったオーディオスペクトラムアナライザーキット「IN-9 Nixielyzer」

オーディオスペクトラムアナライザー「IN-9 Nixielyzer」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

IN-9 Nixielyzerは、バーグラフ型ニキシー管「IN-9」を採用したアナログオーディオスペクトラムアナライザー。6本のニキシー管が63Hz、150Hz、330Hz、1kHz、3.3kHz、10kHzの周波数レンジに対応し、オレンジ色の光で信号レベルをリアルタイム表示する。

photo

RCAステレオ入出力端子と1/8インチTRSジャックをそれぞれ2つ備え、MP3プレーヤー、モバイルフォン、ヘッドフォンと接続できる。内蔵マイクを利用すれば、スタンドアロンのデバイスとして使うこともできる。

photo

大きさは135×95×160mm(ニキシー管含む)。IN-9は旧ソビエト連邦製のヴィンテージ管で、未使用の新品を搭載する。組み立てキットと完成品の2種類を用意。マニュアルをダウンロードし、はんだ付けをしながら4時間ほどで組み立てられるという。

電源は12/15Vで、消費電力は通常使用で約4VA。入力インピーダンスは22kΩ。表示のダイナミックレンジを広げるために改良されたdbxコンパンダー回路を内蔵しているという。

photo

価格はニキシー管付き組み立てキットが179ユーロ(約2万1600円)、完成品が229ユーロ(約2万7700円)。出荷はキットが2019年10月、完成品は2019年11月の予定で、日本への送料は10ユーロ(約1300円)だ。

IN-9 Nixielyzerは、2019年8月25日までクラウドファンディングを実施中。8月7日時点で、約3500ユーロ(約42万円)を集め、目標額を達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る