新しいものづくりがわかるメディア

RSS


加賀市とDMM.com、包括連携協定を締結——3Dプリント技術を通して「日本一の3Dプリンタ都市」を目指す

石川県加賀市とDMM.comは、「日本一の3Dプリンタ都市・加賀」を目指し、3Dプリント技術の提供、連携などに関する包括連携協定を2019年8月7日に締結した。

加賀市は、地方創生に向けて「加賀市イノベーションセンター」を拠点とした先端技術活用による産業創出に取り組んだり、産業人材育成のため、国の必修化に先駆けてプログラミング教育を全小中学校で実施するなどの施策を展開している。

そしてDMM.comは、自社の3Dプリント事業の一環として加賀市に大規模かつ最新の造形設備を設置、法人および個人向けの3Dプリントサービスを提供している。

今回の包括連携協定の目的は、両者の協業によって加賀市が「日本一の3Dプリンタ都市」になることを目指し、「新産業の創出」、「地場産業の進化」、「次世代モノづくりの人材育成」を通じて、地方創生の推進を図ることにある。

山中漆器や九谷焼などの伝統工芸と3D技術を併せた新たな製品開発などを検討するなど、3D製造実績やノウハウを活用し、地場産業との連携によって地域を「次世代型ものづくりの一大産業メッカ」とすることを目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る