新しいものづくりがわかるメディア

RSS


加賀市とDMM.com、包括連携協定を締結——3Dプリント技術を通して「日本一の3Dプリンタ都市」を目指す

石川県加賀市とDMM.comは、「日本一の3Dプリンタ都市・加賀」を目指し、3Dプリント技術の提供、連携などに関する包括連携協定を2019年8月7日に締結した。

加賀市は、地方創生に向けて「加賀市イノベーションセンター」を拠点とした先端技術活用による産業創出に取り組んだり、産業人材育成のため、国の必修化に先駆けてプログラミング教育を全小中学校で実施するなどの施策を展開している。

そしてDMM.comは、自社の3Dプリント事業の一環として加賀市に大規模かつ最新の造形設備を設置、法人および個人向けの3Dプリントサービスを提供している。

今回の包括連携協定の目的は、両者の協業によって加賀市が「日本一の3Dプリンタ都市」になることを目指し、「新産業の創出」、「地場産業の進化」、「次世代モノづくりの人材育成」を通じて、地方創生の推進を図ることにある。

山中漆器や九谷焼などの伝統工芸と3D技術を併せた新たな製品開発などを検討するなど、3D製造実績やノウハウを活用し、地場産業との連携によって地域を「次世代型ものづくりの一大産業メッカ」とすることを目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る