新しいものづくりがわかるメディア

RSS


対話型AIで自然な会話ができる——ハタプロ、AIロボット「ZUKKU」の家庭向け版を大手3社と共同展開

ハタプロはオートバックスセブン、NTTドコモ、日本情報通信とともに、対話型AIを搭載したロボット「ZUKKU」を2019年9月下旬から一般家庭向けに展開する。

家庭向け版のZUKKUは、対話型AIにドコモの「ドコモAIエージェントAPI」を採用。アプリケーションは日本情報通信が開発し、販売はオートバックスセブンが、安心/安全をテーマにしたIoTを活用する新ブランド「WEAR+i」のサービスとして展開する。

これまでZUKKUは、手軽に導入できる手のひらサイズのAIロボットとして、ビジネス向けに商業施設での販売員や観光案内、企業の受付などで展開されてきた。

今回の家庭向け版は主に高齢者の見守りを目的としており、ZUKKUを通じて離れた家族とのコミュニケーションが可能となる。

ZUKKUは通信機能でクラウドのAIにアクセスし、対話型AIによるユーザーとの自然な会話が可能だ。毎日の日常会話により、大切な人のさまざまな情報を確認できる。 見守る家族は、Web画面から会話の頻度や一定のキーワードを通じて、体の不調などをタイムリーに確認できる。

ZUKKUと共に生活する人はAndroidタブレットでモバイルアプリケーションを使って会話を楽しみ、見守る家族はWebアプリケーションを通じて、定時(朝/昼/晩)の会話や雑談記録の確認に加え、見守られる人と見守る人の間でメッセージを送受信できる。

カメラ機能は搭載されておらず、会話内容の詳細などは家族に公開されない。ZUKKUと自然な日常会話を楽しみながら、監視ではない、ゆるやかな見守りを受けられるというコンセプトだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る