新しいものづくりがわかるメディア

RSS


micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊

オーム社は2019年8月8日、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」を発売した。

本書はプログラミングと工作を組み合わせて、マイコンボード「micro:bit」を使い倒すコツを紹介する本だ。工作に使うパーツは紙がメインで、簡単に加工でき、少しの工夫で修復や補強できるのがポイントだ。また、材料や道具にかかる費用も少額に抑えられる。

全10Chapter構成。micro:bitの各センサーやコネクタ、プログラミングと工作のための準備について解説した後、Chapter 3~5ではMakeCodeエディターを利用したプログラミングについて解説する。

また、Chapter 6ではブロックとJavaScriptを組み合わせたプログラミング、Chapter 7では関数を使ったプログラミングについても取り扱う。さらにChapter 8ではパーツ作りなどデザイン工作のコツ、Chapter 9ではmicro:bitとProcessing/SonicPiとの連携についても解説する。

著者はMATHRAX(久世祥三+坂本茉里子)。B5変判236ページ、価格は2376円(税込)だ。本書内で使用されているプログラミングはGithubからダウンロード可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. オリジナルマインド、全軸リニアガイド採用のデスクトップ型CNCフライス「KitMill CL」シリーズ発売
  3. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  4. IoTBASE、ソニーのLPWA通信規格「ELTRES」に対応
  5. エイミー、IoTと電子工作の知識共有サービス「elchika」正式リリース
  6. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  7. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  8. 一見、鉛蓄電池を彷彿させる地味なフォルムが逆に新鮮だったラジオ「National Panasonic Portable Radio RF-727 COUGAR No.5」
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. 時の光が降り積もる——LEDデザイン時計「TIMEDROP LED CLOCK」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る