新しいものづくりがわかるメディア

RSS


500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」

SLA(光造形)方式を採用した3Dプリンター「SolidMaker」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

SolidMakerは、レーザースキャン方式で高い精度が特徴のデスクトップ3Dプリンター。精度はXY軸が3μm、Z軸が10μm。レーザースキャン速度は最高毎秒320mmで、スピードと仕上がりを両立させている。

photo

造形サイズは120×120×150mm、積層ピッチは25~200μm。スポット径は100μmと細かな表現も可能で、かみそりの持ち手や入れ歯といった小型オブジェクトから、医療モデルや建築モデルといった大型オブジェクトまで対応する。

photo

キャリブレーションシステムを搭載し、リアルタイム較正が可能。パワーオフメモリー機能も搭載しているので、突然停電しても復帰後に印刷を再開できる。

photo

ボディはオールメタルで、本体サイズは230×270×420mm、重量は8kg。スライサーソフトウェアとして専用の「SolidPreform」を用意し、ファイル形式はSTL/OBJをサポートする。接続ポートはUSB端子だ。

photo

大きさや仕様は同じだが、3.5インチタッチスクリーン搭載の「Pro」モデルも用意している。オプションで500mlの専用レジンを用意しているが、標準的な405nmのUV硬化樹脂にも対応するという。

photo

SolidMakerの早割価格は449ドル(約4万9000円)で、39ドル(約4300円)で500mlレジンが1本追加できる。出荷は2019年11月の予定で、日本への送料は50ドル(約5400円)だ。

SolidMakerは、2019年8月27日までクラウドファンディングを実施中。8月15日時点で、5万ドル(約543万円)の目標額を上回る約20万1000ドル(約2100万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る