新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ウミトロン、海上自律型の魚群食欲解析システム「UMITRON FAI」開発

海洋系ベンチャー企業ウミトロンが、機械学習によってリアルタイムで魚の食欲を判定する「UMITRON FAI (Fish Appetite Index)」を開発した。

photo

ウミトロンが開発したUMITRON FAIは、同社のスマート給餌機「UMITRON CELL」と連携して、魚の遊泳データの自動蓄積や摂餌状況のリアルタイムでのスコア化し、それに応じた給餌制御を可能にする海上自律型の魚群食欲解析システムだ。機械学習によって魚の餌食いをリアルタイムで自動評価する。

同社によると、水産養殖における給餌コストの最適化は最重要課題だ。しかしながら生簀内の魚や海の細かな状態を把握することは、工数面や天候などの自然環境など多くの制約があった。

photo

今回開発したUMITRON FAIをUMITRON CELLと連携させることにより、摂餌中の動画からその状態を自動的にスコア化。担当者が後から給餌状況を確認できる。さらに、生育期間を通した長期的な摂餌状況や、複数の生簀の状況を俯瞰的に把握することで、より客観的な給餌戦略を立てることもできるようになる。また、UMITRON FAIを使って考案した給餌改善計画を、スマートフォンを利用してUMITRON CELLの給餌スケジュールに反映させることで、短期間での給餌変更のトライアンドエラーを実行することもできるようになる。

同社では、UMITRON CELLの利用ユーザー向けに、UMITRON FAIのベータ版の実装をすでに開始している。

今回同時に、給餌船などの養殖向け大型設備にUMITRON FAIなどの同社ソフトウェアを連携することで、さらに多くの養殖現場に対応できるようにするためのシステム連携パートナーも募集している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  2. Arduinoで電子工作しよう——DIY電子工作キット「ThinkCrate」
  3. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  4. 好きなキャラクターと一緒に暮らせる——3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」量産モデル発売日決定
  5. ほとんど水、カロリー4分の1の「バター」を開発——人工安定剤不要、タンパク質やビタミンの追加も可能
  6. Raspberry Pi 3A+対応の無停電電源ボード「Pi16340 Smart UPS HAT」
  7. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  8. 武藤工業、産業向けDLP光造形方式3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」発売
  9. レンズの球面収差をゼロに——収差を補正できる設計解を求める手法を発見
  10. 脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る