新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ウミトロン、海上自律型の魚群食欲解析システム「UMITRON FAI」開発

海洋系ベンチャー企業ウミトロンが、機械学習によってリアルタイムで魚の食欲を判定する「UMITRON FAI (Fish Appetite Index)」を開発した。

photo

ウミトロンが開発したUMITRON FAIは、同社のスマート給餌機「UMITRON CELL」と連携して、魚の遊泳データの自動蓄積や摂餌状況のリアルタイムでのスコア化し、それに応じた給餌制御を可能にする海上自律型の魚群食欲解析システムだ。機械学習によって魚の餌食いをリアルタイムで自動評価する。

同社によると、水産養殖における給餌コストの最適化は最重要課題だ。しかしながら生簀内の魚や海の細かな状態を把握することは、工数面や天候などの自然環境など多くの制約があった。

photo

今回開発したUMITRON FAIをUMITRON CELLと連携させることにより、摂餌中の動画からその状態を自動的にスコア化。担当者が後から給餌状況を確認できる。さらに、生育期間を通した長期的な摂餌状況や、複数の生簀の状況を俯瞰的に把握することで、より客観的な給餌戦略を立てることもできるようになる。また、UMITRON FAIを使って考案した給餌改善計画を、スマートフォンを利用してUMITRON CELLの給餌スケジュールに反映させることで、短期間での給餌変更のトライアンドエラーを実行することもできるようになる。

同社では、UMITRON CELLの利用ユーザー向けに、UMITRON FAIのベータ版の実装をすでに開始している。

今回同時に、給餌船などの養殖向け大型設備にUMITRON FAIなどの同社ソフトウェアを連携することで、さらに多くの養殖現場に対応できるようにするためのシステム連携パートナーも募集している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  2. ツーリングをより安全・快適に——バイク用スマートヘルメット「TALI」#CES2020
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. はんだ付けをアートに——「はんだ付けアートコンテスト2019」の入賞作品を発表
  5. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  6. ビット・トレード・ワン、「奇天烈電子工作シリーズ」4種を発売
  7. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  8. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  9. 赤外線カメラから身を隠す——通常の熱放射現象を覆すコーティング材料を開発
  10. 店舗内の顧客数を自動集計できる1万円以下のAIカメラ「ManaCam」#CES2020

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る