新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Ampaire、商用ハイブリッド電動航空機「Electric EEL」の試験飛行を実施予定

ロサンゼルスに本拠を置き、電動航空機の開発を手掛けるAmpireは、商用ハイブリッド電動航空機「Electric EEL」の試験飛行計画を開始したことを発表した。

Electric EELは、機体の前後にエンジンとプロペラを配したプッシュプル方式の小型機「Cessna 337 Skymaster」を改造し、後方のエンジンを電動モーターに置き換えたハイブリッド航空機だ。

AmpaireのCEO、Kevin Noertker氏は、「全電動航空機を実現するための最も現実的な道は、部分的な電動化から始めることだ。全電動航空機を白紙の状態から開発するには数億ドルを要し、認定には10年以上を要する可能性がある。それに比べ(既存の航空機をベースに電動化を進める同社は)、既に燃料消費量を50%削減し、それに応じたCO2排出量を削減する能力を実証している」と、Ampaireのアプローチの優位性について述べている。

Electric EELは、2019年末にはハワイのモクレレ航空による商用飛行ルートでのトライアル飛行が行われる予定で、FAA(連邦航空局)による承認は2021年と見込まれている。

Noertker氏は今後の方向性について、「Cessna 337 の改造は最初のステップであり、次は9~19人乗りの航空機をハイブリッドか全電動に改造することになるだろう。バッテリーとパワートレインが進歩するにつれて、我々は我々のゼロエミッション・コンセプト『Tailwind』に力点を移していくことになる」と述べている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  2. Arduinoで電子工作しよう——DIY電子工作キット「ThinkCrate」
  3. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  4. 好きなキャラクターと一緒に暮らせる——3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」量産モデル発売日決定
  5. ほとんど水、カロリー4分の1の「バター」を開発——人工安定剤不要、タンパク質やビタミンの追加も可能
  6. Raspberry Pi 3A+対応の無停電電源ボード「Pi16340 Smart UPS HAT」
  7. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  8. 武藤工業、産業向けDLP光造形方式3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」発売
  9. レンズの球面収差をゼロに——収差を補正できる設計解を求める手法を発見
  10. 脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る