新しいものづくりがわかるメディア

RSS


マイナビ出版、「Scratchでたのしく学ぶプログラミング的思考」発刊

マイナビ出版は、「Scratchでたのしく学ぶプログラミング的思考」を2019年9月24日に発売する。

photo

本書は、プログラミング的思考をゲームやクイズを通じて学べるよう、遠足や調べ学習など、小学生が実際に体験する身近な例を題材とした学習書だ。

全5章構成で、クイズの内容を踏まえて、アルゴリズムやデータ(2章)、モデル化やシミュレーション(3章)、作図とゲーム(4章)などのプログラミング的思考をしっかりと理解できる。

各章のクイズはパソコンがなくても取り組めるが、インターネット環境のあるパソコンを使えば、本書で紹介したScratch作品を使って学習できる。サンプル素材は全てScratch3で公開されており、再利用可能だ。

著者は鷲崎弘宜氏、齋藤大輔氏、坂本一憲氏。B5判256ページ、価格は2462円(税込)だ。なお、表紙は発刊時に変更される可能性があるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表
  10. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る