新しいものづくりがわかるメディア

RSS


パチンとくっつけると光る——子ども向けサイコロ型STEM教育玩具「Tactbit Cubes」

子どもの想像力を育むSTEM教育玩具「Tactbit Cubes」がKickstarterに登場し、支援者を募っている。平面同士を近づけるだけで磁力でくっつくサイコロ型ブロック(キューブ)だ。

Tactbit Cubes

Tactbit Cubesは、就学前の児童を対象としたSTEM教育玩具。キューブは磁石のほかに電子回路とLEDを搭載しており、いくつもつなぎ合わせていろいろな物を作ることができる。どの面でもどの方向からでもつなぐことができ、内蔵LEDがカラフルに点灯する。子どもたちは想像力の赴くまま自由にキューブを組み合わせて遊ぶことができる。

Tactbit Cubes

Tactbit Cubesの基本セット「Tactile Fidget Set」は、特定の色で光る「Color Cube」2個、180度回転させると色が変わる「Color Changing Clear Cube」1個、連結したキューブに電力を供給する「Power Cube」1個の合計4個のキューブとUSB充電ケーブルから成る。Color CubeとPower Cubeの色は、赤、オレンジ、黄色、緑、青、紫の6色だ。

Tactbit Cubes - The Color Cubes
Tactbit Cubes - The Color Changing Clear Cube
Tactbit Cubes - The Power Cube

これらに加え、車輪が付いた「Wheel Cube」、録音できる「Recorder Cube」、音楽を再生する「Music Cube」が用意されている。

Tactbit Cubesは、子供の想像力に任せて自由に物を作らせることを基本としているが、就学前の児童から9歳児までを対象とするテキストも用意されており、Tactbit Cubesを使って回路、導電性、磁力、抵抗などを学習できる。

Tactbit Cubes

Tactbit STEM Cubesの価格は、Tactile Fidget Setが149香港ドル(約2000円)。Color Changing Clear Cube6個、Color Cube4個、Power Cube2個、Wheel Cube2個、Recorder Cube、Music Cubeなどを含む「Classic Edition」は384香港ドル(約5200円)だ。出荷は2019年11月の予定だが、日本への送料は未定だ。

Tactbit STEM Cubesは約11万8000香港ドル(約160万円)を目標に、2019年9月20日までクラウドファンディングを実施。2019年9月2日時点で約4万2000香港ドル(約57万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ツーリングをより安全・快適に——バイク用スマートヘルメット「TALI」#CES2020
  2. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  3. 有機半導体の電気伝導度を歪みで制御できることを発見——オプトエレクトロニクスへの応用も
  4. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  5. はんだ付けをアートに——「はんだ付けアートコンテスト2019」の入賞作品を発表
  6. ストローの中の気泡はなぜ動かないのか——100年前からの物理学上のミステリーを大学生が解明
  7. ビット・トレード・ワン、「奇天烈電子工作シリーズ」4種を発売
  8. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  9. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  10. ラジカセの重低音時代はここから始まった 初代“DoDeCaHORN” 「SONY TV/FM/AM STEREO CASSETTE-CORDER CFS-W60」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る