新しいものづくりがわかるメディア

RSS


パチンとくっつけると光る——子ども向けサイコロ型STEM教育玩具「Tactbit Cubes」

子どもの想像力を育むSTEM教育玩具「Tactbit Cubes」がKickstarterに登場し、支援者を募っている。平面同士を近づけるだけで磁力でくっつくサイコロ型ブロック(キューブ)だ。

Tactbit Cubes

Tactbit Cubesは、就学前の児童を対象としたSTEM教育玩具。キューブは磁石のほかに電子回路とLEDを搭載しており、いくつもつなぎ合わせていろいろな物を作ることができる。どの面でもどの方向からでもつなぐことができ、内蔵LEDがカラフルに点灯する。子どもたちは想像力の赴くまま自由にキューブを組み合わせて遊ぶことができる。

Tactbit Cubes

Tactbit Cubesの基本セット「Tactile Fidget Set」は、特定の色で光る「Color Cube」2個、180度回転させると色が変わる「Color Changing Clear Cube」1個、連結したキューブに電力を供給する「Power Cube」1個の合計4個のキューブとUSB充電ケーブルから成る。Color CubeとPower Cubeの色は、赤、オレンジ、黄色、緑、青、紫の6色だ。

Tactbit Cubes - The Color Cubes
Tactbit Cubes - The Color Changing Clear Cube
Tactbit Cubes - The Power Cube

これらに加え、車輪が付いた「Wheel Cube」、録音できる「Recorder Cube」、音楽を再生する「Music Cube」が用意されている。

Tactbit Cubesは、子供の想像力に任せて自由に物を作らせることを基本としているが、就学前の児童から9歳児までを対象とするテキストも用意されており、Tactbit Cubesを使って回路、導電性、磁力、抵抗などを学習できる。

Tactbit Cubes

Tactbit STEM Cubesの価格は、Tactile Fidget Setが149香港ドル(約2000円)。Color Changing Clear Cube6個、Color Cube4個、Power Cube2個、Wheel Cube2個、Recorder Cube、Music Cubeなどを含む「Classic Edition」は384香港ドル(約5200円)だ。出荷は2019年11月の予定だが、日本への送料は未定だ。

Tactbit STEM Cubesは約11万8000香港ドル(約160万円)を目標に、2019年9月20日までクラウドファンディングを実施。2019年9月2日時点で約4万2000香港ドル(約57万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  2. Arduinoで電子工作しよう——DIY電子工作キット「ThinkCrate」
  3. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  4. 好きなキャラクターと一緒に暮らせる——3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」量産モデル発売日決定
  5. ほとんど水、カロリー4分の1の「バター」を開発——人工安定剤不要、タンパク質やビタミンの追加も可能
  6. Raspberry Pi 3A+対応の無停電電源ボード「Pi16340 Smart UPS HAT」
  7. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  8. 武藤工業、産業向けDLP光造形方式3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」発売
  9. レンズの球面収差をゼロに——収差を補正できる設計解を求める手法を発見
  10. 脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る