新しいものづくりがわかるメディア

RSS


フレキシブルなLEDディスプレイ 「FLEX SIGN anode」

プリント基板設計製造者によるフレキシブルLEDディスプレイ 「FLEX SIGN anode」が、Makuakeで先行予約発売を開始した。

photo

FLEX SIGN anodeは、曲げられるフレキシブル基板を採用したLEDディスプレイで、衣服や帽子にも装着可能だ。iOS版とAndroid版スマホアプリ「FLEX SIGN anode」で、メッセージを変更できる。USBケーブル繰り返し充電でき、連続12時間使用可能だ。

photo

縦12×横48個の白色LEDを使用、サイズは156×39×9mm、重さ20g、使用温度範囲 -10℃~60℃だ。基板単体では防水性能はない。anode基板が装着できる専用のアームバンド、ショルダーバッグ、バックパックが用意されている。

photo

anodeアームバンドは、サイズが440×80×3mm、重さ25g。伸縮性のあるLycra(ライクラ ポリウレタン弾性繊維)を使用し、腕周りの適合サイズは25~38cmだ。

anodeショルダーバッグは、サイズが225×160×70mm(バッグ部分のみ)、 重さ250g、容量2.8L。TPU素材と防水ファスナーを使用する。

anodeバックパックは、サイズが300×400×160mm、重さ770g、容量20L。TPU素材とロールトップを使用し、表面に防水ファスナー付きポケットが1つある。

photo

Makuakeでは、anode基板が約15%オフとなる5900円、anode基板+アームバンドが約15%オフとなる8250円で購入できるプランなどを用意している(価格は全て税込)。

Makuakeでの目標額は30万円で、2019年10月21日までクラウドファンディングを実施中。9月3日時点で44万円以上を集め、プロジェクトを達成している。プロジェクト終了の翌日から出荷準備に掛かり、11月末までには全ての出荷が終わる予定だ。

photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る