新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CQ出版、ヒートシンクの選び方や使い方を解説する「ヒートシンクとファンによる熱設計の基礎と実践」発刊

CQ出版は、半導体素子などの熱設計に欠かせないヒートシンクの正しい選び方や使い方を解説する「ヒートシンクとファンによる熱設計の基礎と実践」を、2019年9月13日に発売する。

半導体素子は熱に弱いため、温度が上昇するほど寿命が短くなり、場合によっては正常に動作しなくなる。さらに電子機器の小型化や半導体素子の高速化、高集積化によって、半導体素子周りの温度環境は厳しくなってきているという。

ヒートシンクを使うことで、効率良く半導体素子の温度を下げることができるが、正しい使い方をしなければ、温度が下がらないだけではなくさまざまなトラブルの原因になる可能性もある。そこで本書は、ヒートシンクの正しい選び方から使い方、放熱性能の確認方法まで実例を交えて解説。また、ヒートシンク以外のプリント基板や筐体などの熱設計にも応用できる内容になっている。

著者は深川栄生氏。A5判272ページで定価が3456円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  2. ツーリングをより安全・快適に——バイク用スマートヘルメット「TALI」#CES2020
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. はんだ付けをアートに——「はんだ付けアートコンテスト2019」の入賞作品を発表
  5. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  6. ビット・トレード・ワン、「奇天烈電子工作シリーズ」4種を発売
  7. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  8. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  9. 赤外線カメラから身を隠す——通常の熱放射現象を覆すコーティング材料を開発
  10. 店舗内の顧客数を自動集計できる1万円以下のAIカメラ「ManaCam」#CES2020

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る