新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CQ出版、ヒートシンクの選び方や使い方を解説する「ヒートシンクとファンによる熱設計の基礎と実践」発刊

CQ出版は、半導体素子などの熱設計に欠かせないヒートシンクの正しい選び方や使い方を解説する「ヒートシンクとファンによる熱設計の基礎と実践」を、2019年9月13日に発売する。

半導体素子は熱に弱いため、温度が上昇するほど寿命が短くなり、場合によっては正常に動作しなくなる。さらに電子機器の小型化や半導体素子の高速化、高集積化によって、半導体素子周りの温度環境は厳しくなってきているという。

ヒートシンクを使うことで、効率良く半導体素子の温度を下げることができるが、正しい使い方をしなければ、温度が下がらないだけではなくさまざまなトラブルの原因になる可能性もある。そこで本書は、ヒートシンクの正しい選び方から使い方、放熱性能の確認方法まで実例を交えて解説。また、ヒートシンク以外のプリント基板や筐体などの熱設計にも応用できる内容になっている。

著者は深川栄生氏。A5判272ページで定価が3456円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  2. Arduinoで電子工作しよう——DIY電子工作キット「ThinkCrate」
  3. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  4. 好きなキャラクターと一緒に暮らせる——3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」量産モデル発売日決定
  5. ほとんど水、カロリー4分の1の「バター」を開発——人工安定剤不要、タンパク質やビタミンの追加も可能
  6. Raspberry Pi 3A+対応の無停電電源ボード「Pi16340 Smart UPS HAT」
  7. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  8. 武藤工業、産業向けDLP光造形方式3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」発売
  9. レンズの球面収差をゼロに——収差を補正できる設計解を求める手法を発見
  10. 脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る