新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プロトタイプからフルスケール生産まで対応——3タイプのSoCが選べる開発ボード「Project-X」

プロトタイプからフルスケール生産に対応可能な開発ボード「Project-X」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Project-Xは、処理能力の異なる3タイプのSoC「AllWinner H2+/H3/H5」を搭載した開発ボード「X-A1」シリーズ。プロダクトに必要なプロセッシング、グラフィック処理、動画再生能力に応じ、3つのボードから選択できる。

photo

「X-A1 AllWinner H2+」は、AllWinner H2+ クアッドコア Cortex-A7(32-bit) RAM512MB、「X-A1 AllWinner H3」は、AllWinner H3 クアッドコア Cortex-A7(32-bit) RAM1GB、「X-A1 AllWinner H5」は、AllWinner H5 クアッドコア Cortex-A53(64-bit) RAM2GBを搭載する。

photo

いずれもネットワークはGigabit Ethernetに対応し、40/20ピン拡張ヘッダー、デバッグUART用4ピン、PoEモジュール用ヘッダー、Raspberry Pi HAT用アダプターなどを備え、12V電源で駆動する。

photo

それぞれの拡張ヘッダーはUSB接続と12V電源をサポートする他、MACアドレス用にEEPROM、U-Boot用にSPIフラッシュを搭載する。また、micro USBポートを介してUSB OTGに対応しており、 eMMCメモリへのドラッグアンドドロップが可能になり、ソフトウェア開発をサポートする。

photo

Project-XのH2+/H3/H5は、今ならそれぞれ数量限定の早割価格69ニュージーランドドル(約4600円)/75ニュージーランドドル(約5000円)/98ニュージーランドドル(約6600円)で提供する。出荷は2019年11月を予定しており、日本への送料は16ニュージーランドドル(約1080円)だ。

Project-Xは、2019年9月30日までクラウドファンディングを実施中。9月6日時点で、7550ニュージーランドドル(約51万円)の目標額に対して約1800ニュージーランドドル(約12万3000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  2. Arduinoで電子工作しよう——DIY電子工作キット「ThinkCrate」
  3. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  4. 好きなキャラクターと一緒に暮らせる——3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」量産モデル発売日決定
  5. ほとんど水、カロリー4分の1の「バター」を開発——人工安定剤不要、タンパク質やビタミンの追加も可能
  6. Raspberry Pi 3A+対応の無停電電源ボード「Pi16340 Smart UPS HAT」
  7. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  8. 武藤工業、産業向けDLP光造形方式3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」発売
  9. レンズの球面収差をゼロに——収差を補正できる設計解を求める手法を発見
  10. 脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る