新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プロトタイプからフルスケール生産まで対応——3タイプのSoCが選べる開発ボード「Project-X」

プロトタイプからフルスケール生産に対応可能な開発ボード「Project-X」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Project-Xは、処理能力の異なる3タイプのSoC「AllWinner H2+/H3/H5」を搭載した開発ボード「X-A1」シリーズ。プロダクトに必要なプロセッシング、グラフィック処理、動画再生能力に応じ、3つのボードから選択できる。

photo

「X-A1 AllWinner H2+」は、AllWinner H2+ クアッドコア Cortex-A7(32-bit) RAM512MB、「X-A1 AllWinner H3」は、AllWinner H3 クアッドコア Cortex-A7(32-bit) RAM1GB、「X-A1 AllWinner H5」は、AllWinner H5 クアッドコア Cortex-A53(64-bit) RAM2GBを搭載する。

photo

いずれもネットワークはGigabit Ethernetに対応し、40/20ピン拡張ヘッダー、デバッグUART用4ピン、PoEモジュール用ヘッダー、Raspberry Pi HAT用アダプターなどを備え、12V電源で駆動する。

photo

それぞれの拡張ヘッダーはUSB接続と12V電源をサポートする他、MACアドレス用にEEPROM、U-Boot用にSPIフラッシュを搭載する。また、micro USBポートを介してUSB OTGに対応しており、 eMMCメモリへのドラッグアンドドロップが可能になり、ソフトウェア開発をサポートする。

photo

Project-XのH2+/H3/H5は、今ならそれぞれ数量限定の早割価格69ニュージーランドドル(約4600円)/75ニュージーランドドル(約5000円)/98ニュージーランドドル(約6600円)で提供する。出荷は2019年11月を予定しており、日本への送料は16ニュージーランドドル(約1080円)だ。

Project-Xは、2019年9月30日までクラウドファンディングを実施中。9月6日時点で、7550ニュージーランドドル(約51万円)の目標額に対して約1800ニュージーランドドル(約12万3000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  2. 実務にそのまま使える物理を学べる——サイバネット、現役エンジニア向けオンライン教材「オトナの物理」を販売開始
  3. スマホを使って簡単3Dスキャン——スマートフォン用3Dスキャナー「Phiz」
  4. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  5. 耳をふさがない完全ワイヤレス骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」がGREEN FUNDINGで支援額1億円超え
  6. 4ch同時計測にも対応——オシロスコープ機能付ペン型マルチメーター「Pokit PRO」
  7. 誠文堂新光社、子ども向けプログラミング入門書「ジブン専用パソコン Raspberry Piでプログラミング」発刊
  8. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  9. 室内照明で発電——タグキャスト、IoTシート「PaperBeacon」のプロトタイプ開発に成功
  10. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る