新しいものづくりがわかるメディア

RSS


脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

CREDIT: KAIST

韓国科学技術院(KAIST)の研究チームが、スマートフォンで操作できる脳インプラントを使って神経回路をコントロールするデバイスを発明し、オンライン科学ジャーナル『Nature Biomedical Engineering』に発表した。

このデバイスは、人間の覚醒中枢/睡眠中枢の解明を目指す「神経薬理学」と、光学と遺伝学を融合し神経回路機能を調べる「光遺伝学」に関する動物実験を長期にわたって行うことを可能にするものだ。発表された論文によれば、従来からの神経回路インターフェイスは、大きく機能不足な上、複数の薬物を同時かつ長期に送達する能力が制限されているため、覚醒して自由に行動する動物の長期研究の妨げとなっていたという。

この課題に対処するため、KAISTの研究者達は、交換可能な薬物カートリッジを持つ神経デバイスを発明。これを、投薬のためのミクロ流体チャネルと、光を送るための塩粒より小さい極小LEDを備え、柔らかく、髪の毛の太さほどの極細プローブと共に脳インプラントに組み込んだ。

神経デバイスは低電力Bluetoothでスマートフォンと接続し、神経科学者は研究室内にいなくても、光と薬物送達の正確なシーケンスを開始することができる。論文の代表執筆者のRaza Qazi博士は、「ワイヤレス神経デバイスは、これまでになかった長期にわたる化学/光学による神経調節を可能にする。」と述べている。

神経科学者達は、この神経デバイスにより、パーキンソン病、アルツハイマー病のような脳疾患、嗜癖、うつ病、痛覚などの解明が進むものと考えている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  2. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  3. ご先祖様を3Dプリント精霊馬に乗せて、首都高を爆走させたい!
  4. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  5. クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは
  6. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供
  7. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  8. パソコンの仕組みが学べる——TSUKUMO、組み立てて作るWindowsタブレット「Kano PC」の取り扱いを開始
  9. 最先端新技術で寿司を握る——OPEN MEALSの「超未来すし屋」、2020年東京にオープン
  10. micro:bitで動くロボットカー——STEM教育向けロボット「TPBot」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る