新しいものづくりがわかるメディア

RSS


脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

CREDIT: KAIST

韓国科学技術院(KAIST)の研究チームが、スマートフォンで操作できる脳インプラントを使って神経回路をコントロールするデバイスを発明し、オンライン科学ジャーナル『Nature Biomedical Engineering』に発表した。

このデバイスは、人間の覚醒中枢/睡眠中枢の解明を目指す「神経薬理学」と、光学と遺伝学を融合し神経回路機能を調べる「光遺伝学」に関する動物実験を長期にわたって行うことを可能にするものだ。発表された論文によれば、従来からの神経回路インターフェイスは、大きく機能不足な上、複数の薬物を同時かつ長期に送達する能力が制限されているため、覚醒して自由に行動する動物の長期研究の妨げとなっていたという。

この課題に対処するため、KAISTの研究者達は、交換可能な薬物カートリッジを持つ神経デバイスを発明。これを、投薬のためのミクロ流体チャネルと、光を送るための塩粒より小さい極小LEDを備え、柔らかく、髪の毛の太さほどの極細プローブと共に脳インプラントに組み込んだ。

神経デバイスは低電力Bluetoothでスマートフォンと接続し、神経科学者は研究室内にいなくても、光と薬物送達の正確なシーケンスを開始することができる。論文の代表執筆者のRaza Qazi博士は、「ワイヤレス神経デバイスは、これまでになかった長期にわたる化学/光学による神経調節を可能にする。」と述べている。

神経科学者達は、この神経デバイスにより、パーキンソン病、アルツハイマー病のような脳疾患、嗜癖、うつ病、痛覚などの解明が進むものと考えている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  2. Arduinoで電子工作しよう——DIY電子工作キット「ThinkCrate」
  3. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  4. 好きなキャラクターと一緒に暮らせる——3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」量産モデル発売日決定
  5. ほとんど水、カロリー4分の1の「バター」を開発——人工安定剤不要、タンパク質やビタミンの追加も可能
  6. Raspberry Pi 3A+対応の無停電電源ボード「Pi16340 Smart UPS HAT」
  7. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  8. 武藤工業、産業向けDLP光造形方式3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」発売
  9. レンズの球面収差をゼロに——収差を補正できる設計解を求める手法を発見
  10. 脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る