新しいものづくりがわかるメディア

RSS


工芸品やアート作品に——マット仕上げのPLAフィラメント「Art Filament」

質感や色合いを重視したFFF方式3Dプリンター用フィラメント「Art Filament」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Art Filamentは、工芸品やアート作品に適した繊細でナチュラル、マットな質感に仕上がるPLAフィラメント。10タイプのカラーを用意しており、アート作品の微妙なスペクトルをシームレスにカバーするとしている。

photo

カラーは「matte black」、「river navy」、「fig leaf」、「flamingo dust」、「mustard dust」、「matte camel」、「umber clay」、「stone gray」、「tech gray」、「chalk white」の10色を、径は1.75/3mmの2タイプを用意する。各カラーはアート作品の微妙なニュアンスを表現し、単体でも質の高いプロトタイプの造形に適しているという。

photo

Art Filamentの1色セットは、今なら数量限定の早割価格19ドル(約2000円)で、10色セットは、173ドル(約1万9000円)で入手できる。各1kgで、径は1.75/3mmを選べる。2019年10月の出荷を予定している。

photo

Art Filamentは、2019年10月28日までクラウドファンディングを実施中。9月18日時点で、1万ドル(約106万円)の目標額に対して約3600ドル(約39万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  7. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  8. レトロでメカニカルなデザイン時計——ハンドメイドのウッドクロック「Madclockmaker」
  9. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」
  10. これまでで「最も黒い」物質——入射光の99.995%を吸収するカーボンナノチューブを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る