新しいものづくりがわかるメディア

RSS


工芸品やアート作品に——マット仕上げのPLAフィラメント「Art Filament」

質感や色合いを重視したFFF方式3Dプリンター用フィラメント「Art Filament」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Art Filamentは、工芸品やアート作品に適した繊細でナチュラル、マットな質感に仕上がるPLAフィラメント。10タイプのカラーを用意しており、アート作品の微妙なスペクトルをシームレスにカバーするとしている。

photo

カラーは「matte black」、「river navy」、「fig leaf」、「flamingo dust」、「mustard dust」、「matte camel」、「umber clay」、「stone gray」、「tech gray」、「chalk white」の10色を、径は1.75/3mmの2タイプを用意する。各カラーはアート作品の微妙なニュアンスを表現し、単体でも質の高いプロトタイプの造形に適しているという。

photo

Art Filamentの1色セットは、今なら数量限定の早割価格19ドル(約2000円)で、10色セットは、173ドル(約1万9000円)で入手できる。各1kgで、径は1.75/3mmを選べる。2019年10月の出荷を予定している。

photo

Art Filamentは、2019年10月28日までクラウドファンディングを実施中。9月18日時点で、1万ドル(約106万円)の目標額に対して約3600ドル(約39万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 星や銀河を全自動で観測/撮影できるスマート天体望遠鏡カメラ「Vespera」 #CES2021
  2. 壁の中をスキャンしてくぎなどの位置を検出できるDIYツール「Walabot DIY 2」 #CES2021
  3. Apple Watchをヘッドマウント——スカウター型スマートグラス「ホロスター」
  4. レトロゲームが遊べる、作曲ができる——ゲームボーイ互換のポータブルゲーム機「Analogue Pocket」 #CES2021
  5. Raspberry Pi Zero用カメラポート付きUSBハブモジュール「Moon Pi Hub Cam」
  6. カメラなしでスマートホーム化、5種類のセンサーを備えたスマートセンサー「OVAL」 #CES2021
  7. DMM.make、「PostPro 3D」を使った3Dプリント品の特殊表面処理サービスを開始
  8. ワイヤレスイヤホンと一体化したフェイスマスク「MaskFone」#CES2021
  9. それ、M5でつくれるよ ——猫をつくれるよ
  10. アフレル、AIロボティクス教材「ロボットではじめる深層学習TensorFlow × 画像認識 × EV3」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る