新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」

IoTベンチャーの「てとてとて」は、Raspberry Piを使って、テンキーで入力した数字を各種クラウドサービスと連携できる「TENKit」を発売した。

photo

TENKitを利用することで、テンキーに入力した数値情報をGoogleスプレッドシートに入力したり、Google Apps ScriptやIFTTT、AWS Lambdaと連携させたりすることができる。

photo

個人利用からオフィスや工場などでの業務利用までを想定しており、例えば社員のタイムカードや工場での湿温度の記録、日々の体重やお金の記録などの活用方法が考えられる。さらに、「Nature Remo」などの家電コントローラーと連携することで、さまざまな家電機器の遠隔操作ができるようになる。

photo

また、「ポケベルモード」を使うことで平仮名の送信も可能だ。AWS Lambdaと連携すれば、会社のデータベースや業務システムとの連携もできるようになる。

photo

なお、テンキーは含まれておらず、別途Elecomの指定型番のテンキーを用意する必要がある。キット内容は、Raspberry Pi 3B+、TENKit SDカード(挿入済)、電源アダプターで、価格は1万6000円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  7. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  8. レトロでメカニカルなデザイン時計——ハンドメイドのウッドクロック「Madclockmaker」
  9. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」
  10. これまでで「最も黒い」物質——入射光の99.995%を吸収するカーボンナノチューブを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る