新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」

IoTベンチャーの「てとてとて」は、Raspberry Piを使って、テンキーで入力した数字を各種クラウドサービスと連携できる「TENKit」を発売した。

photo

TENKitを利用することで、テンキーに入力した数値情報をGoogleスプレッドシートに入力したり、Google Apps ScriptやIFTTT、AWS Lambdaと連携させたりすることができる。

photo

個人利用からオフィスや工場などでの業務利用までを想定しており、例えば社員のタイムカードや工場での湿温度の記録、日々の体重やお金の記録などの活用方法が考えられる。さらに、「Nature Remo」などの家電コントローラーと連携することで、さまざまな家電機器の遠隔操作ができるようになる。

photo

また、「ポケベルモード」を使うことで平仮名の送信も可能だ。AWS Lambdaと連携すれば、会社のデータベースや業務システムとの連携もできるようになる。

photo

なお、テンキーは含まれておらず、別途Elecomの指定型番のテンキーを用意する必要がある。キット内容は、Raspberry Pi 3B+、TENKit SDカード(挿入済)、電源アダプターで、価格は1万6000円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作——小型だが中身は本格派
  2. 豊富なI/Oでオートメーションができる——Raspberry Pi4搭載AIカメラ「Vizy」
  3. 2万8000年作動するダイヤモンド電池の実現に向けて——核廃棄物が原料
  4. JAXAの研究成果を活用——自ら起き上がり頂点で立つ立方体「三軸姿勢制御モジュール」
  5. 軽量ダイレクトエクストルーダー搭載——高品位な高速造形が可能なFFF方式3Dプリンター「BIQU BX」
  6. リモートエピタキシャル成長でフレキシブルなマイクロLEDを製造する手法を開発
  7. 電池無しでLEDが光る——FLASH iPhone 12シリーズ用ケース「東京回路線図」発売
  8. 翼と胴体が一体化したV字型飛行機「Flying-V」、スケールモデルの飛行に成功
  9. 宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今
  10. 立ち仕事の負荷を軽減——工場向けのアシストスーツ「archelis for Factory」提供開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る