新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」

IoTベンチャーの「てとてとて」は、Raspberry Piを使って、テンキーで入力した数字を各種クラウドサービスと連携できる「TENKit」を発売した。

photo

TENKitを利用することで、テンキーに入力した数値情報をGoogleスプレッドシートに入力したり、Google Apps ScriptやIFTTT、AWS Lambdaと連携させたりすることができる。

photo

個人利用からオフィスや工場などでの業務利用までを想定しており、例えば社員のタイムカードや工場での湿温度の記録、日々の体重やお金の記録などの活用方法が考えられる。さらに、「Nature Remo」などの家電コントローラーと連携することで、さまざまな家電機器の遠隔操作ができるようになる。

photo

また、「ポケベルモード」を使うことで平仮名の送信も可能だ。AWS Lambdaと連携すれば、会社のデータベースや業務システムとの連携もできるようになる。

photo

なお、テンキーは含まれておらず、別途Elecomの指定型番のテンキーを用意する必要がある。キット内容は、Raspberry Pi 3B+、TENKit SDカード(挿入済)、電源アダプターで、価格は1万6000円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る