新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LPWAをプラットフォームにしたIoT開発プラットフォーム事業がFUNDINNOに登場——IoTによる社会インフラ監視を事業化

LPWAをプラットフォームとし、社会インフラの監視を目指すIoT開発プラットフォーム事業が、株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOに登場する。

photo

事業者はInnovation Farmで、複数のLPWAを1つのデバイスで制御可能にし、低コスト/短期間でIoTデバイスの開発が可能な仕組みを構築する。システムは4規格のLPWA(sigfox/LTE-M/LoRaWAN/ELTRES)に対応可能。一括で制御できる仕組みをデバイスに搭載することで、ハードウェア開発の工数が大幅に削減できるとしている。

photo

データ処理等のサービス開発においても、これらのLPWAとの通信データを1つのプラットフォームで処理できる仕組みを開発。アプリケーションなどにAPI連携させるだけで、様々なLPWAに対応したサービスを開発できる。対応LPWA数のさらなる増加も計画しているという。

photo

同社はこの仕組みを活用し、企業のLPWAのニーズへの対応や、自社展開として、LPガスの遠隔検針や橋や道路などの破損/劣化監視などに応用する計画だ。LPWAの活用が進むことで、社会インフラの監視のスマート化や、それらに携わる人の業務効率化や省人化を目指す。

photo

事例として、LPガスの遠隔検針への活用の取り組みを、栃木市のケーブルテレビ事業者とLPガス事業者と共同で展開。ガスメーターに接続する機器の構造や通知の仕組みは特許を取得しており、今後の事業展開に大きく寄与しているという。加えて、一般財団法人と損傷検知装置の開発についての共同研究も進行中だ。日本全国の様々な社会インフラの損傷レベルを日々見守り、危険防止に活用していくことを目指す。

FUNDINNOでの募集期間は2019年9月25日~2019年9月27日、目標募集額は2500万円。上限募集額は5000万円を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  2. リモート操縦可能でオートバランス機能を搭載した電動スクーター「Segway eScooter T」 #CES2021
  3. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  4. カメラなしでスマートホーム化、5種類のセンサーを備えたスマートセンサー「OVAL」 #CES2021
  5. ワイヤレスイヤホンと一体化したフェイスマスク「MaskFone」#CES2021
  6. micro:bitの初心者向けオンライン技術書「micro:bit 入門(v2対応)」、期間限定で無料配信
  7. A4サイズ/金属にも彫刻可能なレーザー加工機「Cubiio 2」がMakuakeに登場
  8. 3Dプリントで製作する通気性に優れた脊柱装具「Exos Armor」 #CES2021
  9. パナソニック、「Vieurekaカメラ スターターキット」発売——マルツと共立エレでオンライン限定
  10. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る