新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自動走行から音声制御まで——スペクトラム・テクノロジー、「はじめてのロボット・カー開発キット」発売

スペクトラム・テクノロジーが、DexterのGoPiGo3を中心とした「はじめてのロボット・カー開発キット」を発売した。

photo

GoPiGo3は、フレームや車輪、モーターなどを備えたRaspberry Pi対応のロボットベースキットだ。はじめてのロボット・カー開発キットはそのGoPiGo3にRaspberry Pi3B+や距離センサー、サーボキット、カメラ、マイク、スピーカーのハードウェア類と、音声制御や障害検知/回避プログラムなどのソフトウェアをセットにしたものだ。

photo

Alexa voice service device SDKを搭載し、日本語の音声指示によってロボットカーを制御できる。Pythonで記述された音声制御用のプログラムを、カスタマイズすることも可能だ。

photo

その他、距離センサーとサーボを使った障害検知/回避による自動走行や、Opencv、Yolo、Google cloud visionの画像認識機能を使った顔認識や物体認識ができるAI機能も搭載。機械学習ライブラリーのTensorFlowを搭載することもできる。一部のプログラムはScratchで記述されているため、初心者でもカスタマイズできる。

photo

価格は5万9800円(税別)で、上記のハードウェアの他にOSや各種アプリケーション類を格納したmicroSDとマニュアルおよび14日間の無料サポートが付属する。オプションでレーン追尾用のPixy2カメラやLine followキットなどが用意されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る