新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自動走行から音声制御まで——スペクトラム・テクノロジー、「はじめてのロボット・カー開発キット」発売

スペクトラム・テクノロジーが、DexterのGoPiGo3を中心とした「はじめてのロボット・カー開発キット」を発売した。

photo

GoPiGo3は、フレームや車輪、モーターなどを備えたRaspberry Pi対応のロボットベースキットだ。はじめてのロボット・カー開発キットはそのGoPiGo3にRaspberry Pi3B+や距離センサー、サーボキット、カメラ、マイク、スピーカーのハードウェア類と、音声制御や障害検知/回避プログラムなどのソフトウェアをセットにしたものだ。

photo

Alexa voice service device SDKを搭載し、日本語の音声指示によってロボットカーを制御できる。Pythonで記述された音声制御用のプログラムを、カスタマイズすることも可能だ。

photo

その他、距離センサーとサーボを使った障害検知/回避による自動走行や、Opencv、Yolo、Google cloud visionの画像認識機能を使った顔認識や物体認識ができるAI機能も搭載。機械学習ライブラリーのTensorFlowを搭載することもできる。一部のプログラムはScratchで記述されているため、初心者でもカスタマイズできる。

photo

価格は5万9800円(税別)で、上記のハードウェアの他にOSや各種アプリケーション類を格納したmicroSDとマニュアルおよび14日間の無料サポートが付属する。オプションでレーン追尾用のPixy2カメラやLine followキットなどが用意されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  8. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  9. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見
  10. ラズパイを使ってラップトップPCを自作しよう——透明ボディのDIYキット「LapPi 2.0」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る