新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ビットコインレートをニキシー管に表示——Raspberry Pi Zero Wを使ったデジタルカウンター「BitNix」

ニキシー管デジタルカウンター「BitNix」がKickstarterに登場し、出資を募っている。「ニキシー管をもっと自由に・身近に」をコンセプトに開発された、東京発のプロジェクトだ。

photo

BitNixは、レトロで温かみのあるニキシー管を利用したマルチ表示デバイスで、時計/ランダム/ビットコインの3つの表示モードを搭載する。

photo

表示モードは、「モード選択ボタン」を押して切り替える。時計モードは、現在の時(24時間表記)/分/秒を表示。ランダムモードは0から10までの数字をランダムに表示し、10秒ごとに更新する。ビットコインモードは、BTC-JPY/FXのリアルタイム価格を表示する。

photo

データ取得と制御にRaspberry Pi Zero Wを使用、ネットワーク上から時刻やビットコインの情報を取得している。ニキシー管にはIN-12Bを使用し、Arduinoを使ってダイナミック点灯で駆動。回路はフォトカプラで絶縁されている。

photo

Raspberry PiとArduino共に、プログラムはオープンソースとして公開されており、本体のUSB端子と接続すれば書き換えが可能。任意のデータを表示させたり、オリジナルの切り替えエフェクトを表示したりできる。また、パソコンから直接データを送信して表示させることも可能だ。

photo

本体のサイズはW260×D70×H72mmで、重さは490g(電源アダプターは別)。ケーブル接続による複数台の連結にも対応し、Raspberry Piやパソコンから最大4台のBitNixを個別に操ることができる。

photo

BitNix組み立てキットの価格は4万円で、組み立てにはリード部品/表面実装部品のはんだ付け、200Vコンバータの校正が必要。BitNix完成品の価格は5万円で、どちらも初回にWi-Fiの設定をする必要がある。2020年3月の出荷を予定しており、国内の送料は組み立てキットが2000円、完成品が1500円だ。

BitNixは、2019年10月4日までクラウドファンディングを実施中。9月26日時点で、20万円の目標額をに対して約5万円を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. 米ライス大、防弾構造を持つプラスチックを3Dプリントで作製
  5. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  6. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  7. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  8. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  9. スクリーン印刷技術を活用して有機トランジスタ大規模集積回路を製造
  10. Raspberry Piでミュージックサーバーからロボット制御まで——リックテレコム、「ラズパイZero 工作ブック」刊行

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る