新しいものづくりがわかるメディア

RSS


段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」

段ボール製の筐体を使うMIDIコントローラーキット「Beatbox」がKickstarterに登場し、人気を集めている。クラウドファンド開始後、わずか11時間で目標額の調達に成功している。

photo

Beatboxは、はんだ付け不要で組み立てられ、スマホアプリと繋げるだけで場所を選ばず演奏できる、初心者向けドラムマシンキットだ。

photo

筐体は段ボール製で、15Wのデュアルスピーカー、充電式3000mAhバッテリーを内蔵する。ドラムパフォーマンス用ボタン16個は、即応性が高いアーケードゲーム用ボタンを使用。他にも、ファンクション用ボタン8個、パラメーター調整用ノブ4個、多目的ジョイスティック、キャリーハンドルなどを搭載する。

photo

DAWと互換性があるが、iOS/Android対応の専用モバイルアプリがあれば場所を選ばす演奏できる。アプリには充実したサウンドライブラリーがプリロードされており、ローカル/クラウドストレージからサンプルをアップロードし、編集や録音、再生などができる充実した機能を備える。

photo

各演奏用ボタンにはノート、ビート、サンプルをマッピングでき、さらに曲にハイハット、キック、スネアを被せたり、完全なオリジナルメロディの作曲をしたりできる。またアプリには、演奏方法を学べるチュートリアルも搭載予定だ。

photo

本体サイズはL356×W254×H127mmで、重さは1.8kg。本体は3つのデザインから選べ、アプリのライセンス、USB TypeA/Bケーブル、専用チャージャーが付属する。

photo

Beatboxは、今なら数量限定の早割価格119ドル(約1万2800円)で入手できる。2020年3月の出荷を予定しており、日本への送料は35ドル(約3800円)だ。2019年10月8日までクラウドファンディングを実施中で、9月27日時点で、5万ドル(約536万円)の目標額を上回る約13万2000ドル(約1420万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る