新しいものづくりがわかるメディア

RSS


段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」

段ボール製の筐体を使うMIDIコントローラーキット「Beatbox」がKickstarterに登場し、人気を集めている。クラウドファンド開始後、わずか11時間で目標額の調達に成功している。

photo

Beatboxは、はんだ付け不要で組み立てられ、スマホアプリと繋げるだけで場所を選ばず演奏できる、初心者向けドラムマシンキットだ。

photo

筐体は段ボール製で、15Wのデュアルスピーカー、充電式3000mAhバッテリーを内蔵する。ドラムパフォーマンス用ボタン16個は、即応性が高いアーケードゲーム用ボタンを使用。他にも、ファンクション用ボタン8個、パラメーター調整用ノブ4個、多目的ジョイスティック、キャリーハンドルなどを搭載する。

photo

DAWと互換性があるが、iOS/Android対応の専用モバイルアプリがあれば場所を選ばす演奏できる。アプリには充実したサウンドライブラリーがプリロードされており、ローカル/クラウドストレージからサンプルをアップロードし、編集や録音、再生などができる充実した機能を備える。

photo

各演奏用ボタンにはノート、ビート、サンプルをマッピングでき、さらに曲にハイハット、キック、スネアを被せたり、完全なオリジナルメロディの作曲をしたりできる。またアプリには、演奏方法を学べるチュートリアルも搭載予定だ。

photo

本体サイズはL356×W254×H127mmで、重さは1.8kg。本体は3つのデザインから選べ、アプリのライセンス、USB TypeA/Bケーブル、専用チャージャーが付属する。

photo

Beatboxは、今なら数量限定の早割価格119ドル(約1万2800円)で入手できる。2020年3月の出荷を予定しており、日本への送料は35ドル(約3800円)だ。2019年10月8日までクラウドファンディングを実施中で、9月27日時点で、5万ドル(約536万円)の目標額を上回る約13万2000ドル(約1420万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 超小型なRaspberry Pi——RP2040を搭載した「Raspberry Pi Pico」、マルツでも取り扱い開始
  2. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  3. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  4. スイッチサイエンス、デジタル出力で物体検出と未検出を伝える「Pololuデジタル距離センサ物体検出型」発売
  5. スイッチサイエンス、SAMD21を搭載した「Adafruit QT Py-SAMD21開発ボード」発売
  6. 19.8×16.6mmのArduino——Arduino互換ボード「Minima」
  7. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  8. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  9. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  10. 紫外線照射でゴム状に硬化、乾燥時間いらずの接着剤「UVBondyゴム状硬化」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る