新しいものづくりがわかるメディア

RSS


小型ユニットをつなぐだけ——はんだ付けやブレッドボード不要の電子工作キット「Whiskers」

はんだ付けやブレッドボードが不要な電子工作キット「Whiskers」のクラウドファンディングがKickstarterで行われている。

Whiskersは、Arduino互換のマイクロコントローラーを中心に、種々の小型ユニット「Whisker」を付属のケーブルで接続するだけで電子工作ができるキットだ。

Whiskers

磁気、気圧、温湿度などのセンサー類、スイッチ、ボタン、ディスプレイなど30種類を超えるWhiskerが用意されており、風速、気圧、温湿度などを観測する低電力IoT気象観測装置、磁気センサーとLEDを使った回転数計などを作ることができる。

Whiskers

Whiskersのマイクロコントローラーは、「WhiskerZero」と「RobotZero」の2種類。いずれもAtmel SAMD21マイクロプロセッサーを搭載している。WhiskerZeroは低価格を目指した15×32mmの基板で、Whiskerを4つ接続できる。RobotZeroは30×30mmの基板で、Whiskerコネクター×4、サーボポート×2のほか、9軸センサーを搭載している。

Whiskers WhiskerZero
Whiskers RobotZero

WhiskerZeroやRobotZeroの代わりに手持ちのマイコンを利用する場合、Arduinoには「Whisker Arduino Shield」、Raspberry Piには「Whisker Pi Hat」を使ってWhiskerを接続できる。

Whisker Pi Hat
Whisker Arduino Shield

Whiskersの価格はキットに含まれるWhiskerの種類と数により異なり、25ドル~150ドル(約2700円~1万6000円)。日本への送料は10ドル(約1100円)だ。このほか、学校教育にも使える「Classroom Kit」は500ドル(約5万4000円)、5台のロボットを作れる「Robot Fleet」は700ドル(約7万5000円)で、日本への送料は15ドル(約1600円)。いずれも出荷は2019年11月の予定だ。

Whiskersは1万ドル(約108万円)を目標に、2019年10月11日までクラウドファンディングを実施する。2019年10月1日時点で、目標額の2倍を超える約2万3000ドル(約250万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作——小型だが中身は本格派
  2. 豊富なI/Oでオートメーションができる——Raspberry Pi4搭載AIカメラ「Vizy」
  3. 2万8000年作動するダイヤモンド電池の実現に向けて——核廃棄物が原料
  4. JAXAの研究成果を活用——自ら起き上がり頂点で立つ立方体「三軸姿勢制御モジュール」
  5. 軽量ダイレクトエクストルーダー搭載——高品位な高速造形が可能なFFF方式3Dプリンター「BIQU BX」
  6. 翼と胴体が一体化したV字型飛行機「Flying-V」、スケールモデルの飛行に成功
  7. 宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今
  8. STEM教材が入った箱が毎月届く——電子工作学習キット「NextMaker Box」
  9. リモートエピタキシャル成長でフレキシブルなマイクロLEDを製造する手法を開発
  10. 組み込み用途のRaspberry Pi——最新版「Raspberry Pi Compute Module 4」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る