新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プラズマカッター/CNCルーター両用CNCマシン「Mega V」

手ごろな価格のCNCマシン「Mega V」がKickstarterに登場し、人気を集めている。CNCルーターとプラズマモデルの2タイプがあり、プラズマモデルはオプションでCNCルーターとしても兼用できるハイブリッドシステムだ。

photo

3軸CNCルーターのキットは、木材、プラスチック、炭素繊維、アルミニウムなど軟質金属を加工できる。6.35mmのスチールから精巧に切り出したベアリングプレート、デュアル608-2RSベアリング付き40mmベアリングホイール、精密ラックアンドピニオン駆動システムを採用し、手ごろな価格ながら高い性能を備える。

photo

ルーターには移動可能範囲の異なる2モデルを用意し、標準モデルが485×500×95mm、XLモデルが890×890×95mmだ。XY解像度は0.013mm、Z解像度は0.005mm。速度はXY軸が毎分16510mm、Z軸が毎分4570mm。オプションで回転軸も追加可能で、速度が毎分21600°、解像度は0.028°だ。

photo

プラズマモデルには、専用のウォーターテーブルが付属し、移動可能範囲は890×890×95mmだ。トーチマウントは付属するが、プラズマ切断機自体は別売で、ブローバック点火式のプラズマ切断機は別途必要だ。プラズマモデルであれば、ルーターテーブルアダプターを追加すれば、CNCルーターとしても利用できる。

photo

価格は標準モデルが1249ドル(約13万4000円)、XLモデルが1499ドル(約16万1000円)、プラズマモデルが2199ドル(約23万6000円)。出荷は2020年2月の予定だが、日本への配送は予定していない。

photo

Mega Vは、2019年10月18日までクラウドファンディングを実施中。10月8日時点で、12万5000ドル(約1340万円)の目標額を上回る約34万9000ドル(約3740万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る