新しいものづくりがわかるメディア

RSS


BOSS-CON JAPANと日本SoC技術者育成協会、「SoC検定試験 for Arduino(ベータ試験)」を実施へ

BOSS-CON JAPANと日本SoC技術者育成協会は、SoC検定試験 for Arduino(ベータ試験)を2019年11月10日に実施すると発表した。

日本SoC技術者育成協会は2019年6月に設立され、「SoC検定試験 for Arduino」を2020年1月に開始すると発表していた。 ベータ試験の目的は試験問題のフィードバックや、問題の品質向上だ。ベータ試験の合格者も本認定となるため、初回ベータ試験の合格者は全員第一号認定となる。

同試験はマイコンボードの使用を通して、ソフトウェアだけではなくハードウェアも含めた広い意味でのコンピュータサイエンスの基礎を学ぶきっかけを作るべく、Arduinoを主教材とし、その学習の理解度を図ることを目的としている。

出題数(40問)や出題形式(選択問題)、合格ライン(7割)は前回発表されたSoC 検定試験 for Arduinoの試験概要と共通。受験料金は本試験の半額にあたる5000円で受験できる。なお、試験会場はコワーキングスペース茅場町 Co-Edoとなる。

試験の参考書籍は「これ1冊でできる!Arduinoではじめる電子工作 超入門 改訂第3版」。出題範囲/問題数に関してもSoC検定試験 for Arduinoと同一だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  2. リモート操縦可能でオートバランス機能を搭載した電動スクーター「Segway eScooter T」 #CES2021
  3. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  4. カメラなしでスマートホーム化、5種類のセンサーを備えたスマートセンサー「OVAL」 #CES2021
  5. ワイヤレスイヤホンと一体化したフェイスマスク「MaskFone」#CES2021
  6. micro:bitの初心者向けオンライン技術書「micro:bit 入門(v2対応)」、期間限定で無料配信
  7. A4サイズ/金属にも彫刻可能なレーザー加工機「Cubiio 2」がMakuakeに登場
  8. 3Dプリントで製作する通気性に優れた脊柱装具「Exos Armor」 #CES2021
  9. パナソニック、「Vieurekaカメラ スターターキット」発売——マルツと共立エレでオンライン限定
  10. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る