新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ナショナルデパート、3D CAD/3Dプリンターを活用したバター製造方法を開発

ナショナルデパートは2019年10月11日、バター製造のために3D CAD/3Dプリンターを活用したインジェクションモールド(射出成形)冷凍製法を開発したと発表した。

photo

製造能力と食味向上を同時に実現させる製法として、3D CADと3Dプリンターを活用した、インジェクションモールド冷凍による新たなフレーバーバター製造の方法を開発したもの。新製法によるバター製品は、同社が展開するカノーブルブランドで、2019年10月から順次投入予定だ。

photo

同社では、従来木製パドルを使用し、バターと果汁などの水分を混和してフレーバーバターを製造していた。しかし、バターと果汁を手作業で混和させるには時間も手間もかかる上、ヒビや割れなどが生じやすく、均一な形状に成形するためには時間と体力を要するなどの問題があった。

新製法では、3Dプリンターで造形した原型をもとに、食品レベルのシリコンを用いてモールドを製作する。そして、果汁などの水分を混和させたバターをモールドに射出し、細かな振動を与えて冷やし固める。これにより、手作業による混和と同様の効果を得られることに加え、バター成形と生地内部の混和を同時に均一化できるため、従来の製法に比べ大幅な効率化を達成したという。

photo

加えて、モールド原型の製作に3Dプリンターを用いることで、短期間で設計から製造ラインの組み換えができるため、用途に応じた形状のバターの製造が可能となり、手作業で作れなかった複雑な形状や意匠の優れたバターを製造できる。

今後はAIやジェネレーティブデザインによる形状の最適化などを通じ、新たなグルメ製品の開発に展開するとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る