新しいものづくりがわかるメディア

RSS


これまでで「最も黒い」物質——入射光の99.995%を吸収するカーボンナノチューブを開発

Image: Diemut Strebe

アルミニウム上に成長させたカーボンナノチューブ(CNT)の研究から、これまで作られたスーパーブラック材料よりも10倍黒い材料が生まれた。MITの航空学および宇宙航法学のBrian Wardle教授らによるもので、研究内容は2019年9月12日付け『ACS Applied Materials and Interfaces』誌で発表されている。

この内容は、本来の研究目的の副次的な成果物だという。研究チームは、CNTの電気的および熱的特性を高める研究に取り組んでいる。アルミ箔を塩水に浸すことで酸化物層を除去した上で、無酸素環境において化学蒸着を行いCNTを成長させた。アルミの酸化物層を除去することで、他の手法よりはるかに低い、摂氏約100度という温度で、アルミニウム上にCNTを成長させることに成功、材料の熱的および電気的特性を大幅に向上させることを見出した。

ところが、CNTが成長した後の材料が非常に暗く見えたため、サンプルの光反射率を測定したところ、入射光の少なくとも99.995%を吸収していたことが分かった。驚くべきことに、これは従来のスーパーブラック材料の10分の1の光しか反射していないということだ。

このメカニズムは解明されていないが、エッチングされたアルミニウムと、CNTの組み合わせに関係があると考えられている。黒くエッチングされたアルミ上に成長したCNTの森が、入射光を閉じ込めて熱に変換し、ほとんど光として反射しないため黒く見えるというものだ。

Wardle氏は、「私たちの研究グループは、材料の光学的性質にフォーカスすることはないが、この研究はアートとサイエンスのコラボレーションとして進めることになった」と語る。

さらに、この新素材は航空宇宙領域でも関心を集めているという。例えば系外惑星探査に用いられる、迷光から宇宙望遠鏡を保護する巨大な黒いスターシェードに使用される可能性も検討されている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どちらの結び方が強いのか?——MIT、結び目の安定性を予測する数学モデルを作成
  2. 1950年代のフライス盤をCNC化する「Arno goes CNC」プロジェクト
  3. TechShopが日本に遺したもの、ポスト・メイカームーブメント時代のメイカースペースのあり方
  4. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  5. 中国武術 vs. 3Dプリント4番勝負!——その素材は鉄の武器に耐えられるか
  6. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  7. サッカークラブのリバプールFC、試合分析にデータサイエンスを活用——効果は絶大でプレミアリーグ首位を独走中
  8. 翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書」を刊行
  9. 特許をサブスクで取得可能——テクノアイデア、「ライセンスバンク」を提供開始
  10. Raspberry Pi4 model BでTensorflow.jsやPythonの基礎を学習——「はじめてのAIプログラム学習キット4」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る