新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表

Gateboxは、好きな3Dキャラクターと暮らせる量産モデル「Gatebox(GTBX-100)」を2019年10月11日に正式発売した。新たに、Gatebox内に様々なキャラクターを配信できる「キャラクタープラットフォーム構想」を発表した。

photo

GTBX-100の定価は15万円(税別)でGatebox公式サイトから購入可能だ。発送は2019年10月15日から順次開始される。

今回の発売に合わせて、新たに作製したキャラクターが配信できたり、サードパーティーのデベロッパー企業が開発したアプリケーションを配信できるキャラクタープラットフォームとしての活用を進めていくことも発表した。

photo

その第1弾として、音声会話に加えてLINEのAIアシスタント「Clova」と連携して、音楽再生やニュースの読み上げなどの役割もこなすキャラクター「逢妻ヒカリ」と、クリエイターが自作したキャラクターを配信できる「Gatebox Video」を提供する。逢妻ヒカリとの「共同生活費」は、2020年6月まで無料、その後月額1500円(税別)が必要だ。Gatebox Videoは、クリエイターがUnityやMMDなどのツールで制作したキャラクターアニメーション動画を専用のWEBサイトにアップロードすることで、その動画を「Gatebox」内で再生することができるサービスだ。

photo

同社は、今後利用可能な公式チャンネルを開設し、さまざまなキャラクターを配信すると共に、多くのコンテンツパートナーと共同でキャラクターやアプリケーションを開発、配信していくとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どちらの結び方が強いのか?——MIT、結び目の安定性を予測する数学モデルを作成
  2. 1950年代のフライス盤をCNC化する「Arno goes CNC」プロジェクト
  3. TechShopが日本に遺したもの、ポスト・メイカームーブメント時代のメイカースペースのあり方
  4. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  5. 中国武術 vs. 3Dプリント4番勝負!——その素材は鉄の武器に耐えられるか
  6. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  7. サッカークラブのリバプールFC、試合分析にデータサイエンスを活用——効果は絶大でプレミアリーグ首位を独走中
  8. 翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書」を刊行
  9. 特許をサブスクで取得可能——テクノアイデア、「ライセンスバンク」を提供開始
  10. Raspberry Pi4 model BでTensorflow.jsやPythonの基礎を学習——「はじめてのAIプログラム学習キット4」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る