新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Nature Architects、ユーザーが求める機能要件をダイレクトに実現する設計技術「Direct Functional Modeling」を開発

Nature Architectsは、パーツごとにさまざまな機能要件が求められるプロダクトを、部材に分けることなく一体でデザインできる設計技術「Direct Functional Modeling」を開発した。

photo

同社によれば、3Dプリンティング技術が進歩し、「Additive Manufacturing(付加価値製造技術)」が浸透しつつある。しかし、造形技術などハードウェアのイノベーションが進む一方で、設計技術などのソフトウェアのイノベーションが進まず、既存の製造技術手法を代替するまでには至っていないという。

今回開発したDirect Functional Modelingは、ソフトウェアのイノベーションを目指したもので、設計者が求める機能要件をダイレクトに実現することができる設計技術だ。

従来型のものづくりでは、さまざまな部材を別々に製造、加工し、組み立てることで最終製品を作り上げている。これは、部材ごとに求められる機能要件が異なるために、それぞれに適した製造手法を用いて作製する必要があるからだ。

photo Direct Functional Modelingは、幾何構造を蓄積したライブラリ「CRUST」と、その幾何構造を効率的に生成するアルゴリズムである「CORE」から構成されている。

Direct Functional Modelingでは、設計者がさまざまな機能要件を統合的に設計し、素材にラティスやコンプライアントメカニズムといった特定の幾何構造を付与することができる。これにより、同一素材でもある個所は柔らかく、ある個所は固いなど、機能を多様化し、素材単体では実現できない機械特性を与えることができる。こうした設計データは3Dプリンターで出力可能なフォーマットに変換され、3Dプリンターで造形できる。

Direct Functional Modelingは、ロボティクスや自動車、航空宇宙、インテリアなどの動きが明示的な最終製品をはじめ、レバーやスイッチ、ファン、バネなどの部材も適用対象となる。同社では今後上記のような製品の製造、加工企業などと共同で、Direct Functional Modelingを活用した具体的なプロダクトを世に送り出すことを目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る