新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ

CQ出版は「Interface 2019年12月号」を2019年10月25日に発刊予定だ。

12月号の特集は「注目オープンソースRISC-Vマイコン」だ。全4部11章構成で、オープンソースの命令セットアーキテクチャとして注目される「RISC-V」について取り上げる。

アリババやXiaomi傘下の企業がそれぞれRISC-Vベースのチップ開発を発表する中、昨年2018年末には深センで起業したスタートアップSiPEEDからもRISC-Vを採用したAI開発ボードが発売され、話題を集めている。

イントロダクションではRISC-Vの世界について解説した後、第1部ではマイコンボードとカメラ、LCDモニターがセットになったSiPEEDの「Sipeed MAix」や、Kendryte K210 SoCを搭載したAIカメラ「M5StickV」などについて取り上げる。

また、第2部では今RISC-Vが注目されている背景や、RISC-Vアーキテクチャの基礎知識、定番ボードで開発できるRISC-Vマイコンなどについて説明。第3部ではクラウドコンピューティングやプロトタイピングを活用したコンピューター制作の実態などについて解説する。さらに、第4部ではオープンソース時代のポテンシャルの一環として、個人レベルでの半導体チップ作りの可能性について取り扱う。

その他、IoTマイコン「ESP32」による画像ディープラーニングについての特集なども掲載する。

B5判168ページ、価格は1020円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. 誠文堂新光社、子ども向けプログラミング入門書「ジブン専用パソコン Raspberry Piでプログラミング」発刊
  4. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  5. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  6. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  7. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」
  8. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  9. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  10. 実務にそのまま使える物理を学べる——サイバネット、現役エンジニア向けオンライン教材「オトナの物理」を販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る