新しいものづくりがわかるメディア

RSS


64bit RISC-Vデュアルコア+KPU——25.4×25.4mmでAIエッジコンピューティングに適した「Sipeed MAIX」

エッジコンピューティングに適したRISC-V 64bit AIモジュール「Sipeed MAIX」がIndiegogoに登場し、人気を集めている。

photo Kendryte K210

Sipeed MAIXは、オープン規格の命令セット・アーキテクチャ(ISA)「RISC-V」の64bitアドレッシングをサポートするデュアルコアと、ニューラルネットワークアクセラレーター(KPU)などからなる「Kendryte K210」SoCを搭載するAIモジュールだ。

photo

モジュール基板サイズは1×1インチ(25.4×25.4mm)と小さいながら、400MHz、0.3W時に0.25TOPS(Tera Operations Per Second)、800MHzにオーバードライブ時には0.5TOPSを実現し、IoTデバイスにハイパフォーマンスなAIアプリケーションを実装できる。

photo

Sipeed MAIX は、内蔵するKPUがサポートするTensorFlow Liteに対応するほか、Kendryte K210の搭載する豊富なファンクションが特徴だ。具体的には最大192KHzのサンプルレートをサポートするAPU(オーディオプロセッサー)、ハードコアFFTユニット、チップのGPIO×48に255の機能をマップできるフレキシブルなFPIOA(フィールドプログラマブルIOアレイ)などを搭載し、DVPカメラ/LCDインターフェース、AESアクセラレーター、SHA256アクセラレーター、FFTアクセラレーター、OTP、UART、WDT、I2C、SPI、TIMER、RTC、PWMなど多彩なインターフェースが利用可能だ。また「M1 Dock」と呼ぶ開発ボードも別途用意している。

photo MAIX Bit

またDIYユーザー向けに、ブレッドボードフレンドリーな「MAIX Bit」も用意している。基板サイズは25.4×50.8mmで、「USB2UART」チップ、オートダウンロード回路、RGD LED、DVPカメラFPCコネクター、MCU LCD FPCコネクター、TFカードスロットなどを搭載する。

photo M1 Dock

Sipeed MAIXの5枚セットの予定小売価は、Wi-Fi機能なし/ありがそれぞれ60ドル(約6700円)/70ドル(約7900円)で、今なら数量限定の早割価格55ドル(約6200円)/65ドル(約7300円)で入手できる。MAIX Bitの予定小売価格は8ドル(約900円)で、今なら数量限定の早割価格5ドル(約560円)で入手できる。2018年11月以降の出荷を予定しており、日本への送料はいずれも5ドルだ。

photo

Sipeed MAIXは、2018年12月中旬までクラウドファンディングを実施中。11月21日時点で、5000ドル(約56万円)の目標額を上回る約9000ドル(約101万円)を集め、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る