新しいものづくりがわかるメディア

RSS


耳でも額でも素早く検温できるスマート体温計「ThermArt」

耳でも額でも素早く検温できるスマート体温計「ThermArt」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。キャンペーン開始からわずか3日で目標額を達成するほど、人気を集めている。

ThermArt

ThermArtは、本体を額に当てるか耳に差し込んでボタンを押すだけで体温を1秒もかからずに測定し、本体のLEDに表示する。RoHS指令に準拠した生体適合性の材料で作られており、安心して使うことができる。

ThermArt

ThermArtの重さは108g。単4電池2本を使用し、通常の使い方で約半年使えるという。日本製のセンサーを搭載しており、測定誤差は0.2℃だ。体温を計りづらい乳児は額に当てて、乳児以外は耳で計ることを薦めている。ただし、額に当てて計る場合は周囲環境の影響を受けるので、耳で計る場合に比べて精度は落ちる。

ThermArt

ThermArtは、検温できるだけでなくスマートフォン上のアプリに体温データを記録して、体温変化や服用した薬が体温にどう影響しているかをチェックすることができる。ただし、この機能はBluetooth通信を使うため、日本国内で使うには、技適(技術基準適合証明・認定)を取得し技適マークが付されていなければならないので、注意が必要だ。

ThermArt

ThermArtの早期割引価格は、388香港ドル(約5400円)。出荷は2019年12月の予定で、日本への送料は72香港ドル(約1000円)だ。

ThermArtは7万8400香港ドル(約110万円)を目標に、2019年11月18日までクラウドファンディングを実施する。2019年10月28日時点で、既に目標額を超える約29万6000香港ドル(約410万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る