新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoT端末を自作しよう——リックテレコム、M5Stackを使った電子工作入門書「みんなのM5Stack入門」発刊

リックテレコムは、M5Stack(エムファイブスタック)でIoT電子工作を始めるための入門書「みんなのM5Stack入門」を刊行する。

M5Stackは、 マイコン、液晶、ボタン、スピーカーなどを収めた54×54×17mmの小型モジュールで、IoT製品向けの試作開発キットという位置付けの商品だ。BluetoothとWi-Fiによる無線通信をサポートするESP32、USB Type-Cポート、Groveコネクタ、microSDカードスロット、電源/リセットボタンなども搭載し、温度、湿度、気圧、加速度、磁気などのセンサーが使える。Webベースでの開発環境に加え、Arduino IDEやMicroPythonなどでプログラミングが可能だ。

同書は、M5Stackの内容から始まり、M5Stackの動かし方、プログラミングへと解説する。電子工作としては、Lチカから始まり、アナログ表示の温湿度計やサーボモーターの制御、そしてネットワーク接続までを解説し、M5Stackで、IoT電子工作を始めるための入門書となっている。

刊行は2019年11月上旬の予定。著者は下島健彦氏で、B5変型判248ページ。定価は2200円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どちらの結び方が強いのか?——MIT、結び目の安定性を予測する数学モデルを作成
  2. 1950年代のフライス盤をCNC化する「Arno goes CNC」プロジェクト
  3. TechShopが日本に遺したもの、ポスト・メイカームーブメント時代のメイカースペースのあり方
  4. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  5. 中国武術 vs. 3Dプリント4番勝負!——その素材は鉄の武器に耐えられるか
  6. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  7. サッカークラブのリバプールFC、試合分析にデータサイエンスを活用——効果は絶大でプレミアリーグ首位を独走中
  8. 翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書」を刊行
  9. 特許をサブスクで取得可能——テクノアイデア、「ライセンスバンク」を提供開始
  10. Raspberry Pi4 model BでTensorflow.jsやPythonの基礎を学習——「はじめてのAIプログラム学習キット4」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る