新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、低コストのLoRaWAN対応システム開発パックを発表

STマイクロエレクトロニクスは、LoRaWAN対応のシステム開発用として、同社のSTM32 Nucleoを活用した開発パック2種類を発表した。

開発パックは2種類とも、ゲートウェイ用ボード、端末用ボード、ファームウェア、ツールを含んでおり、LoRaWAN対応システムの開発を包括的に支援する。

具体的には、STM32F746ZGT6マイコン搭載のSTM32 Nucleo-144開発ボード「NUCLEO-F746ZG」をベースに構成されたLoRaゲートウェイを同梱しており、デバイスピンを利用した開発が容易に行える。ゲートウェイはパケットフォワーダーとして機能し、開発ノードから送信されるデータをLoRaWANのネットワークサーバーに転送できるというものだ。

ノードは、低消費電力マイコンSTM32L073RZT6を搭載したSTM32 Nucleo-64開発ボード「NUCLEO-L073RZ」をベースとし、バッテリーソケットを備えているため、携帯性に優れる。

高周波数(868MHz/915MHz/923MHz)のISMバンド向け製品「P-NUCLEO-LRWAN2」パックは、USIが設計したI-NUCLEO-LRWAN1ノード拡張ボードを同梱。STM32L0ベースのモジュールと、電子コンパス(LSM303AGR:加速度センサーおよび地磁気センサー)、大気圧センサー(LPS22HB)、温湿度センサー(HTS221)などの各種センサーを組み合わせた開発パックだ。

「P-NUCLEO-LRWAN3」パックは、低周波数(433/470MHz)のISMバンド向けの製品だ。RisingHFのSTM32L0ベースのモジュールRHF0M003に加え、加速度センサー(LSM6DS33D)、大気圧センサー(LPS22HB)、温湿度センサー(HTS221)などの各種センサーを搭載するノード拡張ボードが付属している。

P-NUCLEO-LRWAN2、P-NUCLEO-LRWAN3とも現在入手可能で、参考価格はいずれも約99ドル。トラッキング装置や測位機器、計測機などのさまざまな機器の開発に対応する。大企業をはじめ中小企業から個人設計者、さらにホビーユーザーや学生まで幅広いユーザーが活用可能だという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る