新しいものづくりがわかるメディア

RSS


図形と立体に強くなる——オーストラリア発の知育玩具「GEOFIX」

ジオジャパンは、3Dパズル「GEOFIX(ジオフィクス)」のパッケージをリニューアルし、2019年11月19日に発売する。

photo

GEOFIXは、オーストラリアで算数の教材として生まれ、遊びながら立体の展開や構造が学べる3Dパズルだ。上下左右どの方向にもつながる4つの図形は、無限の組み合わせができ、形に仕上げていく過程で立体への認識と理解が深まる仕組みだ。日本でも、小中学生向けの授業から高齢者向けの指先トレーニングまで利用されているという。

photo

GEOFIXは、スターターセットとベーシックセットの2タイプをラインアップ。いずれもカラーはスタンダードクリスタルとなる。

photo

スターターセットのピース数は全44ピース(三角形×26/四角形×16/五角形×1/六角形×1)。パッケージサイズ260×200×50mmで、価格は3300円。ベーシックセットはピース数全72ピース(三角形×42/四角形×24/五角形×4/六角形×2)、パッケージサイズは300×250×奥行50mm。価格は5500円だ。

photo

GEOFIX miniのピースは、GEOFIXの1/2のサイズとなる。GEOFIX同様、スターターセットとベーシックセットの2タイプをラインアップしている。

mini スターターセットは全30ピース(三角形×16/四角形×12/五角形×1/六角形×1)。パッケージサイズは145×220×15mmで、価格は1320円。mini ベーシックセットは全80ピース(三角形×40/四角形×28/五角形×6/六角形×6)。パッケージサイズは212×150×35mmで、価格は3300円だ。(価格はすべて税込)

ジオジャパンオンラインショップの他、楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonで販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どちらの結び方が強いのか?——MIT、結び目の安定性を予測する数学モデルを作成
  2. 1950年代のフライス盤をCNC化する「Arno goes CNC」プロジェクト
  3. TechShopが日本に遺したもの、ポスト・メイカームーブメント時代のメイカースペースのあり方
  4. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  5. 中国武術 vs. 3Dプリント4番勝負!——その素材は鉄の武器に耐えられるか
  6. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  7. サッカークラブのリバプールFC、試合分析にデータサイエンスを活用——効果は絶大でプレミアリーグ首位を独走中
  8. 翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書」を刊行
  9. 特許をサブスクで取得可能——テクノアイデア、「ライセンスバンク」を提供開始
  10. Raspberry Pi4 model BでTensorflow.jsやPythonの基礎を学習——「はじめてのAIプログラム学習キット4」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る