新しいものづくりがわかるメディア

RSS


特殊開発フィラメントで電子部品をプリントできるFFF方式3Dプリンター「eForge」

センサーなどの電子部品をプリントできるFFF方式3Dプリンター「eForge」がKickstarterに登場し、注目を集めている。

eForge

eForgeは、独立して動作する8基のエクストルーダーから電子素子の材料となるフィラメントを押し出し、センサーなどの電子部品を作れる3Dプリンター。従来、3Dプリンターは、ケース、ハウジング、ボディなどを造形するためだけに利用され、電子回路などは後から造形物に取り付けるのが一般的だったが、eForgeを使えば電子回路とケースが一体化した物品を作ることができる。

eForge

NASAも出資して開発された特許取得済みの電子材料フィラメントは、導電性、絶縁性、容量性、抵抗、N型半導性、P型半導性という特性を有する6種類。導電性の特性を持つフィラメントのみ3.0mm径で、他の5種類は4.0mm径だ。エクストルーダー8基のうち6基は、これらの電子材料フィラメント用に割り当てられる。残り2基のエクストルーダーは、PLA、ABSなど一般的な3.0mm径フィラメント用だ。

eForge
eForge

eForgeを使えば、圧力センサーや温度センサーなどさまざまなセンサーを一体成形できるだけでなく、手袋やシャツのような布製品の表面にセンサー類を3Dプリントして作り上げることもできる。

eForge

eForgeの大きさは19.2×29.5×23.2インチ(約488×749×589mm)。電源電圧は100~240Vで、最大消費電力は360Wだ。造形サイズは7.85×11.8×10.75インチ(約200×300×273mm)で、解像度は20μm。造形速度は1~80mm/秒だ。

eForgeの早期割引価格は、4799ドル(約52万円)。出荷は2020年8月の予定だが、出荷先は限られており、日本は含まれていない。

eForgeは6万ドル(約650万円)を目標に、2019年11月22日までクラウドファンディングを実施するが、キャンペーン開始からわずか3時間で目標額を達成し、2019年11月5日時点で目標額の2倍を超える約14万ドル(約1500万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. 誠文堂新光社、子ども向けプログラミング入門書「ジブン専用パソコン Raspberry Piでプログラミング」発刊
  4. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  5. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  6. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  7. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」
  8. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  9. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  10. 実務にそのまま使える物理を学べる——サイバネット、現役エンジニア向けオンライン教材「オトナの物理」を販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る