新しいものづくりがわかるメディア

RSS


梱包材が必要なだけ自作できる——エアクッションメーカー「エアフィット」

キングジムは、エアクッションタイプの梱包材を作製できるエアクッションメーカー「エアフィット」を2019年12月6日に発売する。

photo

エアフィットは、専用のフィルムに空気を入れて膨らませることでエアクッションタイプの梱包材が作れるエアクッションメーカー。ロールフィルムで保管できるため保管場所を節約でき、予熱不要でスイッチを押すだけですぐにエアクッションが出来上がる。

photo ピロータイプ
photo バブルタイプ
photo

フィルムにはミシン目が入っているので、梱包物や梱包状態に合わせて切り離すことができ、はさみなどは不要だ。専用フィルムは、通常の梱包に適した「ピロータイプ」と、泡のように複数の空気が入り割れ物や精密機械などを保護する「バブルタイプ」の2種類が用意されている。材質はいずれも高密度ポリエチレンだ。

photo

本体の外形寸法は約405×202×270mmで重量が約4kg。価格は9万円(税別)だ。専用フィルムは、ピロータイプが400m巻きで7000円、バブルタイプが280m巻きで9200円(いずれも税別)となる。初年度で1000台の販売を目指す。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る