新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サイフューズ、佐賀大学などと共同でバイオ3Dプリンター製「細胞製人工血管」の移植臨床研究開始

サイフューズは、佐賀大学などと共同で、独自開発したバイオ3Dプリンターを用いて作製した「細胞製人工血管」を使った臨床研究を開始する。

photo

今回の臨床実験で使用される細胞製人工血管は、佐賀大学、京都府立医科大学およびサイフューズが日本医療研究開発機構の支援を受けて開発したバイオ3Dプリンター「Regenova」を用いた細胞塊の積層技術によって、細胞のみから構成される人工血管だ。

photo

バイオ3Dプリンターとは、多数の細胞などの原料と3次元デザインをセットするとデザインどおりの立体構造体を出力する装置の総称だ。バイオファブリケーションとも呼ばれるこのような技術にはさまざまな手法が存在する。サイフューズらの研究グループは、「剣山メソッド」という独自方式を用いて、細胞のみで外科的操作にも耐えうる強度を持った細胞構造体をプリントできるバイオ3Dプリンターを開発している。

photo

今回の臨床実験は、バスキュラーアクセスの再建を目的として、同バイオ3Dプリンターで作製した、細胞のみから構成される細胞製人工血管をヒトに移植するものだ。 血液透析を行う際に血液を出し入れするための入り口であるバスキュラーアクセスは、動脈と静脈を直結する動静脈内シャントを多く使用している。この動静脈内シャント作製には、患者自身の自己血管や人工材料から作製する人工血管が使用される。しかし人工血管を用いる場合、感染しやすかったり閉塞しやすかったりする課題があったという。

今回使用される細胞製人工血管は、人工材料を用いずに患者自身の細胞からのみ作製されているため、これまでの人工血管と比べて抗感染性や抗血栓性において有用性が期待される。また、バスキュラーアクセスの開存性向上やトラブルによる患者の苦痛軽減も期待できるという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  5. いつでもどこでもレーザー刻印できる——携帯型レーザー刻印機「LaserPecker Pro」
  6. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  7. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  8. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  9. リアル「アイアンマン」、ジェットエンジンスーツ装着時最高速度のギネス世界記録を更新
  10. LPWAを導入しよう——CQ出版、「エレキジャックIoT No.1」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る