新しいものづくりがわかるメディア

RSS


UCサンディエゴ、ウバウオ(姥魚)の生態を研究し、高性能な吸引カップを開発

カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームは、海辺に生息する小魚の吸盤にヒントを得て汎用性の高い吸引カップを開発した。

研究者達をインスパイアしたのは、温帯から熱帯にかけて広く分布するウバウオ(姥魚)。海岸の浅瀬や潮だまりに生息する小魚で、うろこがなく、左右の腹びれが合わさってできた吸盤で岩などに張り付く。ウバウオの吸盤は、微細繊維で覆われた乳頭と呼ばれる六角形の組織の列が並んでおり、岩の表面が滑らかでもでこぼこでも張り付くことができる。

研究者は壊れやすいものが扱える繊細なグリップの技術を開発することを目的に、ウバウオの吸盤をリバースエンジニアリングして、内側にシリコーンの柔らかい層を持つ吸引カップを開発した。

新開発の吸引カップは、水中、空中を問わず、表面が濡れていても、乾いていても、あるいはざらざらしていても吸い付けることができる。具体的には、サクランボやイチゴなどを潰すことなく吸い付け、また、巻き貝の殻や花瓶などを調べるために拾い上げることができた。また、宙吊りの状態では自重の350倍まで支えることができる。

この吸引カップは、製品の梱包、産業用ロボットのグリッパー、海底調査船のマニピュレーターなど、様々な用途に使うことができるという。研究成果は、『Bioinspiration & Biomimetics』ジャーナルに掲載されている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る