新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タッチエンス、香川大学とライセンス契約を締結——手触り感計測の触覚センサーの開発をスタート

タッチエンスは、香川大学と高尾研究室のMEMS触覚センサーおよび手触り感の評価方法に関する技術についてライセンス契約を締結し、新たな触覚センサーの開発をスタートすることを発表した。

photo ショッカクキューブ

同社は、2011年に産学官連携のスキームによって誕生し、研究開発段階である触覚センサーの量産化を目指して活動する開発型ベンチャー企業。すでに第一の触覚センサーであるセンサー自体が柔軟に変形する柔軟触覚センサー技術の製品化、量産化に成功している。

photo ショッカクチップ 6軸

2018年にはDEFTA Healthcare Technologies, L.P.などを引受先とした第3者割当増資による資金調達で、東京大学下山研究室のMEMS触覚センサー技術に基づく世界最小の多軸触覚センサーの量産化に向けた開発を実行している。

photo

手触り感の計測に特化したMEMS触覚センサー技術は、高尾研究室を中心に推進されている、科学技術振興機構(JST)のCRESTプロジェクトから創出された研究成果を用いている。人間の指先の手触り感検知能力を上回るMEMS触覚センサーデバイスを小型/低コストで実現することで、ロボット、美容、ヘルスケア分野での新たな触覚センサー市場の創造を目指す。

photo

今後、手触り感計測の触覚センサー「ショッカクプローブ」の共同開発パートナー企業を探索して、2年後に市場投入する予定で、2025年に触覚センサー全体で100億円の売上を目指すという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る