新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売

Digi-Key Electronicsは、テレダイン・レクロイ製の12ビット垂直分解能を常時提供する高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」シリーズの取り扱いを始めた。

WaveSurfer 4000HDシリーズは、テレダイン・レクロイの高精度技術HD4096を活用することで、同クラスとしては初となる常時12ビット分解能を実現。8ビットオシロスコープと比較して16倍の分解能で波形キャプチャーと表示を可能にする。同技術は信号対ノイズ比の高い入力アンプやサンプリングレートの高い12ビットADC、および低ノイズシステムアーキテクチャーをシステム設計時に採用している。

WaveSurfer 4000HDシリーズは、200MHzから1GHzの帯域幅で使用可能で、各チャンネル最大毎秒5GSのサンプリングレートで動作。最大12Mptsのアクイジションメモリーを提供する。

また、組み込みシステムデバッグ向けの汎用性を備えたビルトイン機能を搭載し、テレダイン・レクロイのプローブ製品との互換性を持つ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る