新しいものづくりがわかるメディア

RSS


強化処理したバナナの葉でエコ食器を作る——インド発の細胞強化技術で使い捨て文化からの脱却を

近年、プラスチックごみや森林破壊などが環境に与える悪影響が大きな問題になっている。世界的にプラスチックや紙で作られた使い捨て製品を減らすことが必要とされているが、この動きに貢献する技術がインドで開発されている。

南インドでは伝統的にバナナの葉を皿にして食事を供する地域がある。バナナの葉はもちろん生分解性なので、プラスチック製使い捨て皿の代わりに使えば有害なプラスチックごみの削減につながる。しかし、バナナの葉はそのまま放置しておけば3日程度で枯れてしまうので、長期の使用には耐えられない。

そこで、インドのTenith Innovationsは、バナナの葉を強化処理する技術を開発し、食器などに加工して使えるようにした。「Banana Leaf Preservation Technology」と名づけられたこの技術は、化学薬品を一切使わずに葉の細胞を強化し、細胞壁をより強固にして、病原体が細胞を破壊するのを防ぐ。その結果、この技術を使って処理されたバナナの葉は、1年間は緑色のままで、形状も3年間保持できるという。

この技術で処理されたバナナの葉は、プラスチックや紙の代替材料として皿やカップなど使い捨て食器に使えるほか、紙の代わりに封筒や梱包用ボックスなどにも使える。海洋に漂うプラスチック廃棄物の削減だけでなく、地球の肺ともいわれる熱帯雨林の保全にも貢献できそうな技術だ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ツーリングをより安全・快適に——バイク用スマートヘルメット「TALI」#CES2020
  2. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  5. はんだ付けをアートに——「はんだ付けアートコンテスト2019」の入賞作品を発表
  6. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  7. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  8. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  9. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  10. 赤外線カメラから身を隠す——通常の熱放射現象を覆すコーティング材料を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る