新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ウッドブロックとタイルで言葉を覚える——幼児向け知育玩具「Kiri」

ナチュラルなウッドブロックとイラストが描かれたタイルを使うスマートトイ「Kiri」がKickstarterに登場し、人気を集めている。ディスプレイを使わず、イラストと音声だけで、言葉や数字、色、動物などを学べるおもちゃだ。

photo

Kiriは、スマートフォンやタブレットのような画面ではなく、ナチュラルな素材でできたウッドブロックとタイルを使い、遊びながら言葉を覚えられるスマートトイだ。対象年齢は1歳から。

photo

名前の由来は日本語の「桐」で、女の子が生まれると桐の木を植え、その子が結婚する時に成長した桐でタンスを作って嫁入り道具とした日本の風習からインスパイアされたという。

photo

Kiriはスピーカーとロゴマークが光るLEDを内蔵したウッドブロック、モードカード、タイルで構成されている。イラストが描かれたタイルの上にブロックを重ねるとLEDが光り、イラストに関連した音声を読み上げたり、動物の鳴き声を再生する。

photo

モードカードにはアメリカ、スペイン、中国の国旗のイラストがあり、それぞれ英語、スペイン語、中国語の言語モードへ切り替えできる。また、帽子のイラストにブロックを置くと問題を読み上げるクイズモードに、双眼鏡のイラストの上にブロックを置くとエクスプローラーモードになる。

photo

タイルは、数字、楽器、カラー、ペット、ベーシックフレーズの5種類から2つを選択でき、各種タイルを入れる100%コットンのパックも用意されている。木製ブロック、パック×2、モードカード、充電器がセットになっており、100%コットンのトートバッグにすべてを収納できる。

photo

Kiriの予定小売価格は120ドル(約1万3100円)で、今なら数量限定の早割価格67ドル(約7300円)で入手できる。2020年2月の出荷を予定しており、日本への送料は20ドル(約2200円)だ。

Kiriは、2019年12月12日までクラウドファンディングを実施中。11月25日時点で、2万ドル(約217万円)の目標額を上回る約2万5000ドル(約272万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  2. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  3. 市販部品を集めてCNCを自作しよう——3軸縦型CNCフライス「ALIUS」プロジェクト
  4. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  5. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  6. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  7. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  8. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  9. DJI出身のスタートアップECOFLOW——2.8億円を集めた大容量バッテリーとは
  10. 電子工作初心者のプログラマーやデザイナー向けIoTハンズオンから、間もなく閉店するTechShop Tokyoでの擬似ニキシー管時計制作ワークショップまで(2月22日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る