新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ライブカメラで見守りも——ネコの運動不足を解消するスマートトイ「Ebo」

留守中のネコの遊び相手ができるロボットトイ「Ebo」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Eboは、ネコの運動不足やストレス解消を助けるボール型のスマートキャットトイ。スケジュール機能搭載で、時間になると自動で動き出したり、充電スタンドに戻ってセルフチャージしたりする。

photo

Eboは、スマートセンサー、6軸IMU、ブラシレスモーター搭載で、障害物を回避しながら、360°回転したり、転がったりする。遊び方も、より活発なモードや、のんびりモードなどを用意し、音や動き、光を組み合わせた動きで、ネコの好奇心を大いに刺激するという。遊びを始める前には周囲をスキャンし、十分な広さがあることを確認する安全機能もある。

photo

Eboの設定や制御は、モバイルアプリから行う。WiFiとHDカメラ内蔵で、外出中でもペットの様子を確認したり、本体内蔵のレーザーポインターを使って遊んだりすることができる。フィルター機能でかわいい写真を撮ったり、動画を編集したり、SNSで共有もできる。アプリは、現在iOSのみに対応していて、Android版は2020年にリリース予定だ。

photo

スタンダードとプロの2種類のモデルを用意。プロはAIを搭載し、ネコとの遊び方を学習して新しい動きを生み出すので、飽きることなく遊ばせることができる。さらに、オプションの首輪を使えば、日々の活動量も把握することができる。

photo

本体の大きさは76×76×70mmで、重さは223g。2時間でフル充電し、駆動時間は自動モードの場合で2時間だ。

photo

今なら、Eboスタンダードと充電スタンドのほかに、サンタやトナカイに変身できるアクセサリーを含めたクリスマスバージョンが1235香港ドル(約1万7200円)で手に入る。出荷は2019年12月の予定。AI搭載のEboプロは1550香港ドル(約2万2000円)で、出荷は2020年6月の予定。どちらも、日本への送料は70香港ドル(約970円)だ。

Eboは、2019年12月24日までクラウドファンディングを実施中。11月26日時点で、4万香港ドル(約55万4000円)の目標額を大きく上回る約163万香港ドル(約2270万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ミニ四駆を自由自在に走らせよう——ミニ四駆ラジコン化キット「ESPレーサー」
  2. Raspberry Piの入力チャネル数を拡張する「16-INPUTS for Raspberry Pi」
  3. 3Dプリンターから出る有害物質が気になる人へ——エンジニアが空気清浄ユニットをDIY
  4. 産業用パソコンを手軽にIoT化——ソラコム、「SORACOM Onyx LTE USBドングル」発売
  5. Raspberry Piを使いこなすためのレシピ集「Raspberry Piクックブック 第3版」を刊行
  6. スイスの企業がハイブリッドeVTOL/eSTOLのプロトタイプを開発
  7. micro:bitで小型モーターを回そう——RSコンポーネンツ、「DFRobot 開発キット」発売
  8. 最高時速620km——中国が新型リニアモーターカーの試作機を公開
  9. 前後カメラを搭載——ヘルメットに後付けできるAR HUDスマートドライブシステム「Argon Transform」
  10. ダッソー・システムズ、「3DEXPERIENCE SOLIDWORKS」のメイカー/学生向け新オファー2種を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る